load

矯正歯科

矯正歯科 ORTHODONTICS

矯正歯科

歯並びが悪いとどうなるの?

歯並びが悪いと健康面や、精神的な面でも様々な問題が生じてきます。
特に以下のような点では深刻な問題に発展する可能性もありますので、お子さんや自分自身の歯並びに異常を感じたら歯科医師の診察をお受けすることをオススメします。

歯並びの悪さが及ぼす様々な影響
  • 虫歯や歯周病になりやすい。
  • 顔貌のゆがみ・発育不足を起こすことがあります。
  • 十分な咀嚼が出来ず、胃腸に負担がかかる。
  • 発音が不明瞭になることがあります。
  • 心理的コンプレックスや、人前で笑ったり喋ったりすることに抵抗を感じる場合があります。
  • 均一に噛む力が歯に伝わらず、特定の歯に大きな負担がかかる。

矯正治療とは


矯正治療とは

矯正歯科治療とは歯並びを(時間をかけて)きれいに正す事により、心身共に健康にすることです。
矯正治療は、見た目を良くするだけでなく、かみあわせを良くすることで歯磨きがしやすくなり、歯周病の予防につながるなど、お口の健康にも重要な役割を持っています。
当院ではまず、じっくりとご相談させて頂いた上で、最適な治療法をご提案致します。

矯正の種類

大人の矯正

矯正歯科治療は歯並びとかみ合わせの異常によって起こりうる様々な障害を除き、予防するとともに、口や顎の形態と機能の調和を維持することを目的としています。
一般的な歯に矯正装置を着け、一定の力を継続的にかけて動かし、歯並びや噛みあわせを直す方法から、見た目が気になる方には装置が目立ちにくいマウスピース矯正、MTMという部分矯正も行っております。

お子さんの矯正

小児矯正は乳歯を利用してあとからはえてくる永久歯を正しく配列する、顎の成長をコントロールする予防的な歯科矯正です。
歯並びが悪くなる原因のほとんどは、あごが小さいことにあります。あごが小さいために、全ての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えてきたりします。
小児矯正ではお子さんのあごの成長を促進させ、永久歯が正しく配列できるスペースを作ります。
小児矯正が必要なものに、歯がガタガタ、反対咬合(受け口)、上顎前突(出っ歯)などがあります。

部分矯正(MTM)

MTMとは部分的な矯正治療のことです。
本格的な歯列矯正とは異なり、補綴(クラウンやブリッジ治療)をするうえで、歯の位置や傾斜が不具合で予後が悪くなる可能性がある場合に歯の位置を修正する小矯正です。
適応できる方は限定されます。

一般矯正

一般矯正とは

一般矯正とは

矯正装置を歯の表側に装着し、そこにワイヤーを通して、歯を動かす従来の方法です。
治療期間は2年~です。
(ただし患者さんによって、期間が異なります。)

お子さんの矯正

お子さんたちに矯正治療が必要な理由

お子さんの矯正

お子さんの矯正には、成長のコントロールを主な目的とする「I 期治療」と、永久歯が生えそろった後に歯並び咬みあわせを整える「II 期治療」があります。

「I 期治療」は対象年齢が6歳頃からで、このまま放っておくと一般的な矯正が必要と思われる患者さんに適用され、歯をできるだけ抜かないように、顎の大きさをコントロールすることによって、咬みあわせを骨格から改善することを 目的としたものです。

※6歳未満でも可能な装置はあります。詳しくはご相談下さい。

「Ⅱ期治療」はある程度成長が終わってから実施するもので、大人の矯正と同じです。
1本1本の歯をコントロールするのがⅡ期治療、歯の土台である顎をコントロールするのがⅠ期治療です。

歯並びの悪さが及ぼす様々な影響

矯正治療をすることにより、キレイな歯並びになる事はもちろん、それ以外にも、以下の様なことが改善され、よく噛める、発音障害が改善される、調和の取れた顔立ちになる等様々な効用があります。

歯並びの悪さが及ぼす様々な影響の例
  • 虫歯や歯周病になりやすい。
  • 顔貌のゆがみ・発育不足を起こすことがあります。
  • 十分な咀嚼が出来ず、胃腸に負担がかかる。
  • 発音が不明瞭になることがあります。
  • 心理的コンプレックスや、人前で笑ったり喋ったりすることに抵抗を感じる場合があります。
  • 均一に噛む力が歯に伝わらず、特定の歯に大きな負担がかかる。

6歳頃に矯正を始めるのが良い理由

I期治療は6歳頃に始めることが多いです。それはなぜでしょうか?

  • 歯を綺麗に並べるためのスペースを作るために歯を抜かなくても良い可能性が高くなる。
  • 無理に歯を動かさないので、後戻りがしにくく、自然な歯並びになりやすい。
  • お子さんの習い事なども少なく、通院がしやすい。

矯正治療の流れ

STEP1. 矯正相談(30分)

矯正治療の概略・料金をご説明します。

下矢印

STEP2. 資料取り(60分)

歯の模型、レントゲン写真、顔の写真などを検査して治療計画を立てます。

下矢印

STEP3. 診断(30分)

検査の結果と今後の方針についてご説明します。
診断内容にご納得頂き、治療開始となります。(診断を聞いて「矯正治療をしない」という選択も可能です。)

十分な説明をしてから、計画的に治療を進めていきます。
また、お子さんと大人では治療方法が異なります。
小児矯正の場合、治療は永久歯が生えてくるまでと永久歯が生えてからの2段階に分けて行う場合があります。

下矢印

STEP04. 装置の装着、調整、清掃

少しづつきれいな歯並びに治していきます。
月に一回程度の来院です。期間は患者さんの口腔内の状況によって変わりますが、おおむね2・3年の場合が多いです。

下矢印

STEP05. 治療終了、保定期間

後戻りを防ぐ治療です。
動かした歯を支えて保護するために、保定装置を使います。
その期間は、通常2・3年ですが、場合によっては成長が終了するまで必要になる事もあります。

りょうき歯科の矯正の特徴

特徴01. 日曜日も矯正医の治療が受けられます

当院ではできるだけ患者さんが通院しやすいよう、平日は20:00まで、週によっては日曜日も歯科医師が在籍し、サポートしています。
(詳しい受診時間は、直接お問い合わせ下さい。)

特徴02. 虫歯治療も当院で治療が受けられます

矯正治療中に、万一虫歯が出来た場合も、当院で虫歯治療を受けられます。
基本的に、複数の歯科医院を受診する必要がないことも当院の魅力の1つです。
通いなれた歯科クリニックで、リラックスしながら安心して矯正治療を継続することが可能です

特徴03. 女性の矯正医も在籍しています。

矯正担当医は男性・女性ともに在籍しています。細やかなコミュニケーションを取りながら、患者さんのニーズに合わせて治療のご提案をさせていただきます。

矯正治療の時期

矯正治療の時期の図
乳歯列期(0~5歳頃)混合歯列期(6~12歳頃)永久歯列期(13歳頃~成人)
歯の成長過程乳歯は生後6ヶ月頃から生えはじめ、2歳頃に生え揃います。永久歯は6歳頃から生えはじめ、12歳頃迄に全ての乳歯が抜けて永久歯に生え変わります。14歳頃に永久歯が生え揃います。親知らずは個人差はありますが、17歳頃に生えてきます。
治療1期治療2期治療
検査・診断
初期治療
検査・診断
本格治療

※歯の生え変わる時期は個人差があります。

※1期治療前の乳歯列期に治療する矯正(ムーシールド)も当院で行っています。

りょうき歯科の矯正の料金


矯正歯科の治療費について

歯並びをきれいにしたい。では、その費用は?

治療にどの程度費用が掛かるのか、事前に知っておく必要があります。
一つ注意すべきことは、歯科治療は技術的要素が高いので、同じ材質、同じ方法で治療しても、歯科医の技術力の差で結果は変わってくるということを忘れてはいけません。
また、りょうき歯科クリニックでは矯正基本料金に調整料・観察料が含まれていますので、別途、調整や観察に掛かる料金はいただいておりません。

一般矯正料金

一般矯正歯の表側に矯正装置をつける治療です。
ご希望により、金属製の矯正装置だけでなく透明な矯正装置もお選び頂けます。
相談料3,000円(税別)
資料取り・診断料30,000円(税別)
ワイヤー矯正費
(調整料、観察料含む)
低度800,000円(税別)
中度900,000円(税別)
高度1,000,000円(税別)
マウスピース矯正費
(調整料、矯正観察料含む)
低度800,000円(税別)
中度900,000円(税別)
高度1,000,000円(税別)

※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談下さい。
※金額面等でのご不安がおありでしたら、是非一度お問い合わせ下さい。
※りょうき歯科独自の分割払い制度や信販会社(オリコ)の長期クレジット払いのご利用、クレジットカードでの決済もご利用頂けます。

お子さんの矯正

お子さんの矯正お子さん向けの矯正方法です。
永久歯が生えそろってからの一般矯正と比べて、負担が少ないのが特徴です。
相談料3,000円(税別)
資料取り・診断料30,000円(税別)
I 期治療費
(調整料、観察料含む)
450,000円(税別)
I 期治療費
マウスピース矯正
(調整料、観察料含む)
500,000円(税別)
II 期 ワイヤー矯正費
(調整料、観察料含む)
低度350,000円(税別)
中度450,000円(税別)
高度550,000円(税別)
II 期 マウスピース矯正費
(調整料、観察料含む)
低度600,000円(税別)
中度700,000円(税別)
高度800,000円(税別)

※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談下さい。
※金額面等でのご不安がおありでしたら、是非一度お問い合わせ下さい。
※りょうき歯科独自の分割払い制度や信販会社(オリコ)の長期クレジット払いのご利用、クレジットカードでの決済もご利用頂けます。

まずは矯正相談におこし下さい


矯正治療をはじめるには

まずはお電話でご連絡下さい。
予約が必要となりますのでその旨をご案内します。

りょうき歯科では矯正相談の際に患者さん、親御さんが抱えるそれぞれのお悩みにお答えし、安心して治療を受けて頂けるよう心がけております。
矯正相談は完全予約制です。まずはお電話にて予約をお願いいたします。

歯並びや歯の状態は人によって違いますので個別にカウンセリングを行い、矯正方法や期間、費用についての詳しいご説明を致します。
わからないことや不明な点がございましたら何でも質問して下さい。

矯正治療についてよくある質問

Q:歯並びが悪いのをほっておくとどうなるの?

  • 虫歯や歯周病になりやすい。
  • 顔貌の変化 → 発育不足を起こすことがあります。
  • 十分な咀嚼が出来ない。
  • 発音が不明瞭になることがあります。
  • 心理的コンプレックスや、人前で笑ったり喋ったりすることに抵抗を感じる場合があります。

というような問題があります。
ですので、素敵な生活を送るために、矯正治療は必要だと私たちは考えます。

Q:矯正治療中ってどんな生活になるの?

矯正治療中に気になる点をまとめておきました。

  • 発音・・・表側の矯正は、ほとんど大丈夫ですが、舌側の矯正は、最初は発音しにくいです。
  • 運動・・・問題ありません。ただし、激しいスポーツ(ラグビーなど)をされる場合は、矯正専用のマウスピースを使用して下さい。
  • 虫歯や歯周病になりませんか?

    → 矯正治療中はお口の中にあるワイヤーなどが邪魔で、歯ブラシがしにくいと思いますが、当院の歯科衛生士が、丁寧に、歯ブラシの仕方を指導します。また、フッ素塗布なども行います。
    ただし、ご自身の自宅でのケアが一番大事だと思います。
  • 治療中の痛みは? → 矯正装置を調整した後、数日間は少し痛みがあります。
    また、矯正器具が当たって痛い場合は、すぐに当院に来て頂き、調整致します。

Q:矯正治療の重要性はわかるけど、費用はいくらかかるの?

矯正治療は原則として保険がきかず、特殊な治療を除いて、保険外診療になります。
症状にもよりますが、一般的には総額70-80万くらいになります。
支払い方法もいろいろありますからご相談して下さい。
※特殊な治療の例
外科矯正手術を併用する顎変形症の歯列矯正治療および口蓋裂等に保険が適用されます。

Q:知り合いが矯正したけど、後戻りしました。大丈夫かなぁ?

矯正した後、歯の周囲の骨が硬くなるまでは、歯が元の位置に動くことありますので、防ぐために、リテーナーという保定装置を入れて頂く必要があります。
夜間だけ(寝ている間)入れて頂く装置で、通常1年以上は入れて頂く必要があります。

Q:治療期間はどのくらいですか?

症状や年齢によって異なりますので、一概には言えませんが、目安として、中学生から高校生くらいで、1年半から2年半くらい、大人の場合、もう少し長くかかる場合があります。

Q:日常生活に支障はありますか?

矯正歯科装置装着後、痛みや違和感がある場合もありますが、 数日で治まりますので、 その後は運動や勉強などには殆ど影響しません。
矯正歯科装置が装着されれば、来院も約1ヶ月に1回くらいですので、日常生活にもさほど影響しないと思います。

Q:歯を抜かずに矯正歯科治療が出来ると聞いたことがありますが?

歯を抜かなくても歯を並べるだけで治療できる場合もあります。
もちろん叢生の強い方は、抜くことによってきれいに並べれることもよくあります。
最近の矯正歯科技術の進歩により、学童期のうちに治療を開始する(歯列育形成)ことにより、 以前より抜歯をしなくても治療が可能になってきました。
よくご相談下さい。

Q:何歳くらいで相談したら良いのでしょうか?

歯並びで気になることがあれば、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。

Q:大人になってからも矯正できますか?

もちろん大人でも矯正はできます。
最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。
年齢に上限はありませんが、成長期にあるお子さんは成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。

Q:虫歯や歯周病にかかっていても、矯正できますか?

矯正の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療をする場合もありますが、こちらから指示をお出しします。

Q:治療中に痛みはありますか?

装置を初めてつけたり、力を調整したときには、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、数日でおさまります。

Q:食事や歯磨きは、普通と同じで良いのでしょうか?

矯正治療によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。
装置をつけているので、歯磨きには工夫がいります。
定期的に歯科衛生士によるメンテナンスを受け、お口の中をきれいに保ちましょう。

Q:矯正治療が成功するポイントは、どこにありますか?

矯正治療は長い治療期間を必要とします。患者さんと矯正医・歯科医院が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。