einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

インプラントについて

インプラントって何?

「インプラント」という言葉をお聞きになった方は多いのではないかと思います。

インプラント治療の模式図

「インプラント」とは一体、何なのでしょうか?
一言で言いますと、「歯が失われた部分の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に 人工歯を取り付ける歯科治療の方法」のことです。
インプラント治療を施す事で、強固で自然に近く、美しい歯を再び手に入れることができ、 入れ歯やブリッジ、差し歯などに比べ、不自由なく安心して食事を楽しんでいただけるように なります。
インプラントの仕組みは、イラストのようになっています。
私たちりょうき歯科クリニック(東大阪インプラントセンター)では、このようなインプラント 治療の普及と、それにより皆様が充実した生活を送れるようになることを目指して、数多くの 患者様にインプラント治療を行なっています。


インプラントのメリット

メリット1失った元の歯と近い、自然で不自由ない歯は復活

入れ歯やブリッジ、差し歯などに比べ、インプラントは強固な人工歯根を埋め込みますので、 異物感や違和感もなく、頑丈で美しい歯を手に入れることができ、楽しく充実した食生活を 送ることができるようになります。


メリット2咬合力のアップ

入れ歯ですと、元の自分の歯の30%ぐらいの力でしか噛むことができませんが、 インプラントでは80%以上の機能回復ができます。


メリット3骨の廃用萎縮を防ぐ

人間の身体は、使っていない組織がやせていきますが、これを「廃用萎縮」と言います。 入れ歯の場合、顎には間接的な力しか伝わりませんので、顎の骨が次第にやせていき、 顔がくぼんで老け顔になってしまいます。 インプラントでは、元の歯と同じようにしっかり顎の骨に力が伝わりますから、 骨の廃用萎縮が起こらず、いつまでも若々しい顔を保つことができます。


メリット4咬合崩壊を食い止める

歯を失うと、残った歯に必要以上の負担がかかり、加速度的に歯を失っていく現象 「咬合崩壊」が起こりやすくなります。 一度この咬合崩壊が始まると、それを食い止める事は困難なのですが、インプラント治療のみが この咬合崩壊を食い止めることができる、ただ一つの治療法です。


メリット5周囲の歯に負担をかけることなく、噛めるようになる

歯が抜けていたり、正常な状態でないと、食べ物を噛む時にどうしてもその周囲の歯に 必要以上の負担をかけることになります。 その事で、周囲の歯の劣化が早まり、結果的に当初の歯以外にも問題が広がってきます。 インプラント治療を受けることで、原因となる歯は元々の歯に近い状態になりますので、 周囲の歯にも負担をかけず、正しく噛むことができるようになります。

様々なインプラント

  • 1本単独でのインプラント

    抜け落ちた、あるいは健康な状態にない1本の歯を、インプラントによって回復させます。

  • ブリッジでのインプラント

    2本の歯にインプラント治療を施す事によって、3本の歯を作る事もできます。

  • 入れ歯を支えるためのインプラント

    4本以上のインプラントを施す事で、入れ歯をガッチリと支える事が出来ます。

入れ歯との比較

咬合力(噛む力)の比較

入れ歯ですと、元々の自分の歯の30%くらいしか噛む事ができませんが、インプラントでは80%以上の機能回復が出来ます。


装着感が良い

入れ歯とインプラントの非常に大きな違いが、この装着感です。 入れ歯の場合は明らかに何かを装着している感じが拭い去れませんが、インプラントの場合は、装着感すら薄く、元々の自分の歯に非常に近いものとなります。


違和感がない

上記の装着感とも関係しますが、入れ歯を入れておられる方が常に悩まされるのは、この違和感です。 自分の歯とは別の物がお口に入ったままになるので、この異物感は致し方ないところでもあります。 その点、インプラントでは、自然な感覚で、全く違和感を感じないようになります。


噛みごたえが復活する

食物を食べることの楽しみの一つに、食感を楽しむ、という事があります。 しかし入れ歯ですと、どうしても伝達力が劣りますし、固いものなら気を遣いながら噛まねばならないので、思う存分、食感を楽しむ事ができません。 その点、インプラントなら顎(アゴ)の骨に直接、丈夫で頑丈な人工歯根を埋込みますので、思う存分に「噛みごたえ」を堪能する事ができ、食物のそのままの食感を楽しむ事ができます。

インプラント用語集

オッセオインテグレーション(オステオインテグレーション)

結合組織を介在することなくチタンと骨が直接結合する方式のことです。 チタンと骨の結合はすぐにおこるのではなく、厳密には埋入後3~4週でおこり、 相対的な骨との接触率が高くなるのは3ヵ月後であると言われています。 埋入後数ヵ月は機能的な力がインプラントに加わらないようにする必要があります。そのためインプラント(根の部分)を骨に埋入後、歯肉で被覆してオッセオインテグレーションがおきるまでの治癒期間を設けます(上顎で5~6ヵ月、下顎で3~4ヵ月)。


GBR(骨再生誘導療法)

GBR(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導療法)とは、インプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨幅を適切な状態にするため歯槽骨の周りに特殊な布を巻き、骨を再生し歯槽骨を太くする方法です。 抜歯した後にインプラントを埋入する場合に適用されるGBRは、抜歯してできた穴にインプラントを入れるのですが、通常は穴の方が大きすぎてしまうため、インプラントを埋入した後、布で覆って穴をふさぎます。 一度切開した歯肉は縫合し、半年ほどの時間を経てから再び切開すると、穴とインプラントとの隙間には骨が再生されています。


サイナス・リフト

上顎の骨のすぐ上には、上顎洞(サイナス)という穴があります。 この上顎洞のため、上顎の骨は下顎と違ってかなり薄いのが特徴です。 そのため、上顎にインプラントを挿入するには、下顎よりも骨が薄いため制限を受けやすいといえます。 人によっては、上顎の骨に十分な厚さがないことがあるために、この部分の骨の量を増やす必要があります。 サイナス・リフトは、このように上顎の骨の厚さがインプラント埋入には短いときに、上顎洞内に造骨の場を求めるケースに使用する方法です。 具体的には、上顎洞の粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞の底から剥離して持ち上げ、それによってできた隙間に自家骨や骨補填剤を移植することにより上顎洞の底の部分の位置を上げ、インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保する施術法です。


ソケット・リフト

ソケット・リフトは、サイナス・リフトと同様に上顎に適用される造骨法です。 ソケット・リフトの施術は、サイナス・リフトとは異なり、上顎洞を露出させず歯槽骨を破折させるとともに、上顎洞の底部の膜(シュナイダー膜)の弾力を利用して行います。 具体的には、上顎の歯肉を切開して歯槽骨を露出させ、上顎洞の底部の骨を専用の器具(オステオトーム)で槌打して、現れたシュナイダー膜を上顎洞内に押し上げるようにして、膜を剥離していきます。剥離したシュナイダー膜と上顎洞底部の間には隙間ができるので、この隙間に自家骨または人工骨を注射器で填入した後、インプラントを埋め、初期固定を確認した後、粘膜(歯肉)を縫合します。 サイナス・リフトに比べると、上顎洞を露出させないため、時間的、肉体的にも負担の少ないな治療法のため、比較的多く用いられる施術だといえます。


関連ページ



診療科目一覧へ戻る

患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.