load

ラバーダムを使用 FEATURE

根管治療の際、必ずラバーダムを使用して治療しております。

歯の中に細菌を入れないために

歯の中に細菌を入れないために

歯の中に細菌が入らないように、隔離する装置をラバーダムと言います。
根管治療中はラバーダムをかけ、歯の周りを消毒して歯の中に細菌が入らないようにしてあげることが必須です。
口の唾液には細菌が含まれているので、虫歯の治療や歯の根の治療の根管治療の妨げとなります。

ラバーダム防湿を行うことで、口の中と歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態で治療を行うことができます。
海外ではラバーダムをかけることは当たり前の事なのですが、日本では全医院の5.4%しか使用していないという統計があります。
当院では質の高い治療を行うために、根管治療を行う際は必ずラバーダムを使用しています。

ラバーダム
根管治療とは

神経を抜く治療を、根管治療(こんかんちりょう)と言います。
根管治療は、質の高い治療を受けないと、後々歯の中で細菌が増殖し、歯の根の先に膿が溜まって痛みが出てしまうことがあります。
根管治療は、歯の中に入ってしまった細菌を取り除き、「歯の根の先で膿ができない(炎症が起こらない)ようにすること」が目的です。

その為には、

  • 治療中に歯の中に細菌を入れない
  • 歯の中に入った細菌を取り除く
  • 細菌を歯の中から取り除いた後、細菌が二度と入らないようにすることが必要となります。