einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

連載コンテンツ

アメリカなどで太っている人や喫煙者は昇進できないという話、聞いたことがおありですよね。
この話が日本に伝わった当初は、「体質や嗜好による差別じゃないか!」という反発もありましたが、 最近では納得されている人も多いんじゃないかと思います。

要するに自己管理ができるかできないか、という問題なんですよね。
喫煙はもちろんのこと、メタボになると、健康を害するリスクも大きくなります。責任ある立場の人が、急に倒れては困る。 自分の健康を自分で管理できない人には、高いポストは与えられない。
非常に合理的な考え方だと思います。

日本でも禁煙する人が増え、ジムに通ったり食事に注意してメタボから脱却しようと努力するビジネスマンが 増えたことは喜ばしいことですね。
ビシッとスーツが決まる格好良さは、クライアントに対しても部下に対しても、頼りになる印象を与えます。 そういうイメージも、仕事をするうえでは大切だと思います。

欧米では、もうひとつ自己管理の指標になるポイントがあります。
それが歯なんです。
微笑むと白い歯がキラリ! というのは、清々しいイメージを演出すると同時に、歯のケアをきちんとしていますよ、 というアピールでもあるのです。

ビジネスマンにとって体型の維持や禁煙が大切だということが欧米発で日本に伝わってきたのに、 歯の白さ、美しさを重視することが、あまり日本人には認識されていないのはなぜでしょう。
欧米ではそれは、ずっと以前から常識で、今更、話題にならないからです。

今や、日本人ビジネスマンは世界を股にかけて活躍しています。
丁々発止の議論を戦わせたり、提携を結んだり、厳しい駆け引きを演じたりする場面で、「こいつ、歯がキタナイけど、 ちゃんと仕事できるのかな?」と思われているのではないかと、私は、心配でたまりません。

体型でもタバコでも、外国から来たビジネス客に「あなた、それは良くないよ」とは言いづらいですが、 口のなかのこととなると、まず、言葉で忠告してくれることはないでしょう。
日本人は、まさか歯並びや歯の色で、相手からビジネス能力を疑われているとは夢にも思ってないでしょうけどね。

風刺マンガのなかの日本人が、眼鏡をかけ、カメラを首から提げ、出っ歯に描かれるのも、日本人はみんな歯並びが悪い、 というイメージが浸透しているからですよ。

昔、「芸能人は歯が命!」というCMがありましたけど、芸能人だけではありません。
ビジネスマンも歯が命!なんです。
欧米人は誰も本音を言ってくれないけれど、ホントです。


患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.