einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

連載コンテンツ
健康な歯を削るのは哀しい (>_<)

健康な歯を削るなんてあり得ない! と、思われるでしょうね。
でも、歯が抜けた部分を補うブリッジを装着するためには、両サイドの歯を削る必要があるんです。

「削っても痛みを感じるわけではないし、歯が抜けたまま放置するわけにはいかないし、仕方ないじゃないか」と 思われるかもしれません。
でも、それだけでは済まないのです。
ブリッジは12年ほどで寿命を迎えます。その時、ブリッジのために削られた両サイドの歯を片方もしくは両方、 抜かなくてはならないことが多いんです。
そして、前よりも大きいブリッジを入れるために、さらに外側の歯を削り……。
そうなる運命を知っていながら、健康な歯を削るのは哀しいです。
り外し式の入れ歯の場合も、4~5年するとバネを架けている歯がダメになってしまう。
そして、最終的には総入れ歯です。

最初は1本だった欠損が、治療を重ね、年月を経るうちに2本、3本と増えていく。
悔しいですが、それが現実なんですよ。

このブリッジに代わる治療が、インプラントなのです。
ご存じの通り保険外治療で、1本、40万円くらいかかります。
手術が必要ですし、治療にも時間がかかります。
でも、インプラントは歯周病にならない限り、半永久的に持つんですよ。 そしてなにより、他の健康な歯への負担がほとんどありません。

さらに、インプラントは第二の永久歯と言われるほど違和感が小さいため、何でも美味しく食べることができます。 美味しい食事は、幸せな暮らしと健康維持に欠かせないってことは、皆さん、異論がないですよね。
食事の度に、「あぁ、自分の歯だったら、もっと美味しいのになぁ……」と感じる毎日って、辛いと思いませんか?

見た感じも、天然の歯と変わりませんから、気兼ねなく笑って大丈夫。
笑うことが、心はもちろん身体の健康に良いというデータもあります。

保険医療に比べると確かに高額ですが、それからの人生の時間、食事の回数、大笑いする回数を考えると、 悪くない投資だと思います。
最初の1本でブリッジを選択し、12年後にそれを後悔しつつ3本のインプラントを入れる結果になるよりも、 最初からインプラントにしたほうが、絶対、お得です。
私たち歯科医も、健康な歯を削らなくて済むのですが……。
ただけると嬉しいです。


患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.