einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

よくある質問

訪問診療について

Q:一回の診療時間はどれくらいですか?

だいたい20分~30分程です。

Q:訪問診療に来る回数はどれぐらいですか?

基本的には一週間に一回、1ヶ月で4回を予定しています。

Q:訪問診療にかかる料金はどれぐらいですか?

医療保険・介護保険が適用されるため、治療内容にもよりますが、1回につき1000円~2000円です。

インプラントについて

インプラント全般

Q:インプラントとは何ですか?

インプラントとは、人間の身体と親和性のある金属、チタンでできた人工の歯根です。
この上に補綴物をかぶせることにより、 ご飯が噛めるようになる治療方法です。
詳しくはインプラントについてをご覧ください。

Q:インプラント治療の成功率は?

インプラントが、骨と結合する率は、約98%です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低いことや、骨粗鬆症、糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙などが考えられます。
もし、結合しなかった場合は、インプラントのサイズを変えるなどして再手術を行います。
再手術を行って結合しなかったことは一度もありません。

Q:もしインプラントがうまくいかなったらどうなりますか?

もし、結合しなかった場合は、再手術を行います。
再手術に関しては、今までの成功率は非常に高いです。

Q:歯は抜けるのですが、インプラントは抜けないのですか?

インプラントはあくまでも人工物ですので、メンテナンスをしていないと、インプラント周囲炎という歯周病になり、抜けることがあります。

Q:インプラントって取り外せるのですか?

インプラントは骨に植えるインプラント体と上部構造からなります。
インプラント体は骨の中に植わってるので基本的にははずせません。
上部構造はセメントでの仮付け状態なのではずせます。

Q:歯みがきは面倒くさいです。でもインプラント打ちたいのですが。

歯みがきしない方には、インプラントを打つことができません。
インプラントが抜ける原因は、インプラントの周りの歯ぐきが炎症を起こし、歯周病になってしまうことです。
歯周病にならないために、歯みがきは絶対に必要です。

Q:2ヶ月でインプラント治療は可能ですか。

インプラントとは、人間の身体と親和性のある金属、チタンでできた人工の歯根です。
この上に補綴物をかぶせることにより、 ご飯が噛めるようになる治療方法です。
詳しくはインプラントとはをご覧ください。

Q:ブリッジが駄目になった後にインプラントをする事は可能ですか。

骨と歯肉の状態により可能です。

Q:抜歯して1年以上たってもインプラントはできますか?

骨と歯肉の状態により可能です。

Q:抜歯した後、25年放置、隣の歯が寄っていますが、インプラントできるでしょうか。

隣の歯が寄ってきていると、インプラントを打つスペースがないかもしれません。
まずは型取りをして、模型上でインプラントが打てるかを診断した上で、必要であれば簡単な矯正治療をする場合があります。

Q:歯科医師であれば誰でもインプラントはうてるのですか?

はい。法律的には、歯科医師であれば問題がありません。
しかし、技術的に簡単なものではありませんので、よく研修会などで勉強し、経験の多い歯科医師がインプラントを打っている歯科医院で治療されるほうがよいと思います。

Q:友人がインプラントをうって、しびれが1ヶ月続いたと言ってますが、 よくあることなんですか?

下の顎にインプラントを入れる際に、下歯槽神経という神経が近くにあるため、損傷した際にまれに起こることがあります。
東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、CT撮影をし、万全の体制をとらせていただいております。
また神経は再生しますので、万が一、傷つけた場合も経過を追って治療させて頂きます。

Q:インプラントはアメリカの方が進んでいると聞きますが、 日本で埋入するのか、アメリカで埋入するのかを迷ってます。どうすればいいですか?

アメリカの技術レベルと日本の技術レベルに大きな差はありません。
メンテナンスの面、急な問題があった場合を考えると日本の歯科医院で埋入されるほうが良いと思います。

Q:インプラントには種類があるのですか?

インプラント自体は骨に植えるもので、種類はメーカーによって多少変わります。
また、上部構造はクラウン、ブリッジ、入れ歯に対応できます。

Q:歯科医院によって使用するインプラントの金属が違うと聞きますが、東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)ではどんなインプラントを打ってますか?

東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)にて使用しているインプラントはITIシステム、およびXIVEシステムです。
どちらもチタンを主とした材質から出来ているインプラント体を使用しております。

Q:インプラントの材料って何ですか?

生体親和性の高いチタンを使用します。

Q:インプラントすると、どんなメリットがありますか?

1.硬いものでもよく噛める。
2.入れ歯のような不快感がなく快適である
3.インプラントによって、他の天然歯を守る。
4.食事が楽しみになる。
5.噛めることで生活が楽しくなる。元気になる。

Q:インプラントに欠点はないのですか?

1.手術が必要・・・ただしほとんど痛みはありません。
2.費用がかかる・・・保険に比べ比較的費用がかかります。しかし、身体に対するインプラントの有用性を考えると、高い費用とは言えません。
3.期間がかかる・・・通常、下顎で3から3.5ヶ月、上顎で3.5から4ヶ月かかります。
その他、骨増大法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げる手術をした場合は、さらに1~3ヶ月かかる場合もあります。

Q:即日インプラント(1日で歯が入る)は、大丈夫ですか?

患者様の症例によっては大丈夫です。
ただし、色々な制限がありますので、担当医によく相談されて下さい。

Q:インプラントを長く使うためにどのようにしたらいいですか?

まず、インプラントとそれに装着した人工歯、その支持骨、さらに周囲歯肉に感染炎症を引き起こさないように、毎日の適切なプラークコントロール(歯みがき)を行うことが必要です。
あなたの意思によって長くもたせることができます。

Q:インプラント手術は成功しますか?

インプラントが骨と結合する確率は、東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では95%以上です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低かったり、重度の糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙習慣などが考えられます。
もし結合しなかった場合は、インプラントのサイズを変えるなどして再手術を行います。再手術の成功率は非常に高いです。

Q:骨量が少なくてもインプラントはできますか?

骨量の少ない方には、骨を増やす方法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げたり(サイナスリフト、ソケットリフト)、骨の幅が少ない方には、スプリットクレスト法など、様々な方法を使っております。
手術ができない可能性は非常に低いです。

Q:インプラントの代わりになる治療はありますか?

歯そのものを再生する治療法も現在研究されています。
しかし、実用化のメドは立っておりません。
一日も早く実用化されることを望んでいます。

Q:上下総入れ歯です。インプラントを埋入するとしたら、何本埋入することになりますか?

上下共に6から8本のインプラントを埋入します。
その上に、磁石で入れ歯をつけることで、安定した入れ歯になります。
また、上顎に9本、下顎に8本のインプラントを埋入することで、入れ歯ではない形にできます。

Q:1回法と2回法ってなんですか?

手術の方法の違いです。1回法は、インプラント本体の頭の部分を、歯ぐきの上に出した状態で手術を終えます。
骨の量や質が良い場合は適応になります。
2回法は、インプラント本体を、完全に歯ぐきの中に埋め込んでしまいます。
骨を増やす処置(GBR法)や、骨が柔らかい方などに適用します。
2回法の場合はインプラント本体の頭の部分を歯ぐきの上に露出させるために、2回手術が必要になります。

Q:インプラントは何でも噛めますか?

インプラントの咬合力は天然歯に匹敵します。
慣れるまでに、多少時間がかかることもありますが、おおむね何でも噛めます。
食感も天然歯とかわりません。

Q:自分の歯と同じように噛むことはできますか?

インプラントは第二の永久歯とも言われてます。
取り外しの入れ歯と違い、違和感もなく、ご自分の歯と同じように噛めます。
まさに、もう一度歯が生えてくる感覚です。

Q:インプラント治療をしたら、生活に変化がありますか?

インプラント治療は、ご自身の歯が再生するようなものであり、よく噛めるようになります。
よく噛めると今まで食べられなかった硬いもの、大きいものを噛めるようになります。
食事中の会話が弾み、楽しくなってきます。
よく言われていますが、噛むことにより、脳細胞を刺激、活性化し、脳の老化も防げます。
インプラント治療をした後、元気になった患者様や明るくなった患者様はたくさん居ます。

Q:インプラントはどのくらい持ちますか?

全国平均のインプラントの10年後生存率は、約95%です。
また、インプラントがだめになる最大の理由はインプラントの周囲の歯周病です。
インプラントは絶対虫歯になりません(当たり前ですが)が、歯周病にはなります。
そうならない為にも、定期検診は重要です。

Q:一度入れたインプラントを抜いたあと、同じ個所にまたインプラントはできますか。

症例によっては可能です。
そのまま1サイズ大きなインプラントを埋入するケースと、骨を増やす処置をし、期間をおいてから、再度インプラントを埋入するケースがあります。

Q:骨に悪い影響でませんか?

大丈夫です。
直径約4mm、長さ約10mmの小さな穴をあける程度ですので、通常は問題ありません。
ただしもともと骨に疾患がある場合などは別です。その場合事前に問題がないかを確認します。

Q:かみ合わせって大丈夫ですか?

東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、インプラントを埋入する前に適切な治療計画を立て、かみ合わせも考えますので、大丈夫です。

Q:将来、体に悪影響はないですか?

インプラント体の材料であるチタンは生体親和性に優れているため、身体に悪影響はありません。

Q:インプラントは一生入れたままでいいのですか?

もちろんいいです。
大事なことは、インプラントを一生使って頂くために、毎日の清掃と、定期的なメンテナンスを行うことです。

Q:インプラントが歯周病になったらどうするの?

歯ブラシやメンテナンスを怠っていると、インプラントの周囲の歯ぐきが歯周病になります。
その場合、歯周病を治せば大丈夫なケースと、インプラントを外さないといけないケースがあります。
外した場合は、1サイズ大きなインプラントを入れ直すか、骨を増やすお薬を入れて期間をおいてから、再度インプラントを埋入します。

Q:インプラント治療後に他の歯が悪くなったら、 やりなおさなくてはいけないの?

インプラント以外の歯が悪くなっても、インプラントの埋入した部位の歯ぐきが健康であれば、インプラント自体はそのまま使用できます。

費用・期間・保証に関して

Q:治療費はどれくらいかかりますか?

手術代 + インプラント土台 + 中間体 + セラミックのかぶせ で1本40万円+消費税 です。

Q:インプラントがうまくいかなかった場合、返金はありますか?

もちろん、保証があります。
万が一、結合しなかった場合は、費用は頂きません。

Q:インプラントの費用を分割できますか?

総額の半分と残りの半分に分割することが可能です。(現金でお支払いの場合)

Q:インプラントの費用はローンを組めますか?

現在、東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では信販会社(JACCS)のクレジットを取り扱っております。
また、各種クレジットカードも取り扱っておりますので、患者様ご自身のニーズに合わせてお選びいただけます。

Q:どのような支払い方法がありますか?

現金(ただし2回分割が可能です)、各種クレジットカード、信販会社(JACCS)の歯科治療費クレジットの3種類です。

Q:クレジットカードは使用できますか?

各種クレジットカードをご利用いただけます。

Q:医療費控除は受けられますか?

受けることができます。
詳しくはインプラント治療の費用をご覧ください。

Q:平均的なインプラント治療の価格を教えて下さい。

関西では、35万円~45万円です。
東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、1本40万円です。

Q:もしインプラントが成功しなかったらどうなるの?

もしインプラントが成功しなかった場合は、その結果は3~4ヶ月後にわかります。
その場合は、インプラントの種類を変えるか、大きさや長さを変えて再手術をします。

Q:治療期間はどのくらいかかりますか?

下顎で3ヶ月半、上顎で4ヶ月半くらいです。
ただし、上顎洞を持ち上げたり、特殊な手術をした場合は、さらに1~4ヶ月くらいかかることもあります。
その期間は、治療は必要ではなく、ただインプラントが骨と結合するのを待つだけです。
ですから、基本的に通院は必要ありません。(また平行して、他の虫歯の治療などを進めることができます。)

Q:手術後、歯が入るまでの間は、歯が抜けたままなのですか?

前歯の場合は、見た目が悪くならないように仮歯を入れます。
奥歯の場合は、症例によって違います。
奥歯は咬合力が強くかかるため、インプラントが骨と結合するのを妨げる怖れがある場合は仮歯は入れません。
ただし、どうしても仮歯をご希望の場合は入れることも可能です。

Q:通院回数はどの位ですか?

1回法の場合は「術前検査→インプラント手術→消毒→抜糸→歯ブラシチェック→型取り→(試適)→ 上部構造装着」の計8回です。
CT撮影に関しては、日本先進技術歯科センターに撮影に行っていただきます。
ただし、消毒、抜糸は時間がかからない為、ご予約なしで治療しております。
また、必要に応じて来院いただくこともあります。
2回法の場合は、2次手術のため、2回~3回増えてしまいます。

Q:手術後、どれくらいの頻度で通わないといけませんか?

手術の次の日の消毒とその次の日、1週間後の抜糸に来ていただきます。
その後は、傷の治りを待ってから(3~4ヶ月)型取りをします。

Q:保証はありますか?

定期検診に来ていただくことを条件に、5年間の保証期間を設けております。
インプラントがだめになる理由のほとんどが歯周病です。
歯周病になってしまってからでは手遅れになりますので、定期検診にはお越し頂けるようお願いしております。

Q:保険はききますか?

インプラントは保険外診療となりますので、保険の適用はしておりません。

Q:人工の歯(上部構造)が壊れることはありますか?

上部構造の種類はたくさんありますが、金属以外の上部構造が壊れることは極まれにあります。
セラミック系の上部構造は、確率で言うと3%くらいは欠けたり、割れたりします。
東大阪インプラントセンターでは、上部構造の破損に関しては5年間の保証期間を設けております。
5年以内に上部構造が破損した場合は無償で再治療しております。

Q:インプラント治療後は定期健診が必要だと聞きましたが、 費用はいくら位ですか?

保険で行うか、自由診療として行うかで費用は変わります。
保険の場合、1回に約3,000円(3割負担)です。
自由診療で行う場合、メニューによって変わりますが、7,000円から30,000円です。
月に1回以上の定期検診に来ていただくことをお勧めしています。

Q:インプラントの相談をしたい時に、必要な費用はいくらかかりますか?

基本的な保険の初診にかかる費用です。
レントゲン写真、歯周病検査、模型診査、口腔内写真などをして、約5,000円くらいです。
インプラントを埋入する場合には、3次元のレントゲンのCTを撮影する必要がありますので、その際には15,750円が別途必要になります。

患者様の身体や条件について

Q:年齢制限はありますか?

東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、16歳未満の患者さんにはインプラント手術は行いません。
しかし、80歳以上の方にもインプラント手術をしている場合もあります。

Q:インプラントを受ける際に男女の差はありますか?

女性の場合、骨粗鬆症などの関係から、若干の差がある場合があります。

Q:喫煙していますが、インプラントはできますか?

ただし、傷の治りの時間がかかったり、骨の再生の際に喫煙されているほうが成功率が下がる場合がございます。

Q:歯が1本もない場合でも、可能ですか?

可能です。失った歯の本数は関係ありません。
歯が1本も残ってない患者さんには、上顎、下顎に6~8本のインプラントを埋入して、人工の歯を取り付けます。

Q:交通事故で歯をなくした場合でもできますか?

できます。歯周病等で歯を失った場合と違い、骨がたくさん残っている可能性が高いため、インプラントが最良の治療法となります。

Q:インプラント治療が適しているのはどんな人ですか?

●ご自身の健康に気を使っておられる患者様
●歯を削りたくない患者様
●ブリッジや、入れ歯の欠点を知っておられる患者様
●入れ歯が合わない患者様
●硬いものを食べたい患者様
●胃腸の弱い患者様

Q:インプラント治療が受けられない人は、どんな人ですか?

心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗鬆症、顎の骨が極めて少ない方などは難しい場合があります。
ただし、条件しだいでは、可能なことも多いです。
また、歯磨きが嫌いな方、ヘビースモーカーの方、定期検診にお越し頂けない方などです。

Q:歯周病でも大丈夫ですか?

インプラントを長く持たせるために、先に歯周病を治されてからインプラントをする方がよいと思います。
東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、歯周病や歯の根の治療も含め、包括的な治療を行っております。

Q:糖尿病でも大丈夫ですか?

担当の内科医と連絡を取り、手術の可否を決定します。
基本的には、血糖レベルのヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の値が6.5%以下なら大丈夫です。

Q:金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラント本体は生体親和性に優れたチタンでできております。
チタンアレルギーは極めて少ないです。
気になる方には金属アレルギーテストを受けていただけます。

Q:交通事故による骨折で歯がありません。
インプラントは可能ですか?

まずは診査しないとなんとも言えませんので、一度来院していただくことをお勧めします。

Q:リウマチ大丈夫ですか?

担当の内科医と連絡を取り、手術の可否を決定します。

手術について

Q:手術の際、入院が必要ですか?

入院は必要ありません。
ただし、手術後の安静はある程度必要です。

Q:骨に穴をあけて大丈夫ですか?

大丈夫です。直径約4mm、長さ約10mm程度の小さな穴ですのでご安心ください。

Q:家族同伴で行っていいですか?

もちろん、大丈夫です。

Q:手術ってどんなものですか?

少ない本数であれば約1時間の手術です。
1.口腔内全体のお掃除
2.静脈鎮静法(希望者の方にのみ行います)
3.局所麻酔
4.インプラント埋入
です。
詳しくはインプラント治療の流れをご覧ください。

Q:手術は家族が見学可能ですか?

手術は、滅菌されている環境下で行いますので、基本的にはお断りしています。

Q:どんな麻酔をするのですか?

東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では静脈内鎮静法を用いた状態(希望者のみ)で、浸潤麻酔を行います。
浸潤麻酔は歯を抜いたり、神経を抜く際にも用いるものです。

Q:手術と聞いただけで、ドキドキして怖いのですが・・・

麻酔が効いてしまえば痛くありませんので、ご心配はありません。
また、希望者の方には静脈内鎮静法を手術前にしていますので、少し眠くなってきます。
また、不安が薬により取り除かれるため、 気持ちよくなります。もちろん副作用はありません。
手術中にいびきをかいて寝てしまわれる方もいます。

Q:手術時間はどのくらいかかるのですか?

埋め込む本数が1~2本であれば、約60分くらいです。
術前投薬や、血圧を測ったりなどの時間を入れても長くて1時間半くらいです。
本数が多い場合は、プラス30分くらいかかる場合もあります。

Q:当日は合計でどれくらいかかるのですか?

来院して頂いてから東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)を出てもらうまでに約1時間半くらいでしょう。

Q:手術中はずっと口を開けっぱなしなのですか?

手術中は、こまめにお口を閉じて頂いております。
麻酔が効く間はもちろん、器具の付け替えなどの、ちょっとした時間でも、お口を開けてる必要がない瞬間はできるだけお口を閉じて休憩して頂くようにしております。

Q:手術当日は車で行っていいですか?

静脈内鎮静を行うと「ボォ~」っとした感覚が一定時間残るため徒歩、もしくはご家族の方に付き添って頂いて帰宅していただく方がベストだと思われます。

Q:家族と一緒に行かなくても大丈夫ですか?

大丈夫ですが、できれば一緒に来て頂くとより安心です。
一人でこられる場合は、お車を運転されないようにお願いします。

手術後について

Q:インプラント手術後に食べてはいけない食べ物はありますか? おかゆを食べないといけないのですか?

手術後すぐは、おかゆなどのやわらかい食べ物を2日ほど、お願いしております。
インプラントは患者様に色々なものをおいしく食べて頂くために提供させて頂いています。
基本的に食べていけないものはありません。

Q:手術後、いつから旅行に行けますか?

短期の旅行であれば問題がありません。
1次手術の抜糸後から2次手術の間までも、旅行は可能です。

Q:手術後、腫れたりしませんか?

1~2本のインプラントの手術では大きく腫れることはありません。
3本以上の場合や、大きく骨を触った場合は腫れることもあります。
ただ、腫れたとしても、それは菌が感染して腫れた等の悪い腫れではなく、外科的な刺激(侵襲)を加えたことに対する反応性の炎症としての腫れですので、心配ありません。
また、長引いたとしても1週間から10日で腫れはひきます。

Q:後遺症とかないのですか?

学会ではインプラントの脱落や麻痺などの報告がありますが、全国的にも稀です。
また下顎の中に下歯槽管という神経と血管の通る管があります。
インプラント埋入後、痺れがある場合がありますが、数値的には1%以下です。

Q:手術当日に、仕事はできますか?

手術当日は、なるべく疲れることはされない方がいいです。
ただ、軽いお仕事であれば問題ありません。

Q:次の日は休みの方がいいですか?

安静という意味では良いと思いますが、必ず休みを取ったほうがいいということではありません。

Q:手術当日は、運動や食事は大丈夫ですか?

手術当日は運動は避けて下さい。
特に激しい運動をされると、血流が盛んになり、痛みがでたり、出血の原因になります。
また、体が疲れると、傷口の治りも遅れます。
お食事は、インプラント手術をした部位の反対側でして下さい。
そして、たくさん栄養を取って下さい。手術当日はやわらかい食事にしてください。

Q:手術当日は、お風呂に入っても大丈夫ですか?

なるべくなら、避けて頂いたほうがいいです。
理由はお口の中が細菌に感染してはいけないことや、長風呂や熱い風呂は血流を活発にするからです。
そうしますと、痛みが出たり、出血しやすくなったりします。
どうしても、入りたい時はシャワー程度になさって下さい。

Q:手術後、麻酔はどれくらいで切れますか?

局所麻酔だけであれば術後2時間くらいです。
静脈鎮静法を併用した場合は3~4時間くらいかかります。

Q:インプラント手術当日の夜に痛みがでたらどうしたらいいのですか?

強めの痛み止めを出しているので、量を増やして飲んでください。
そうすれば痛みは消えます。
ただし、基本的には痛みはほとんどないことが多いです。

Q:手術後に歯磨きはできますか?

手術部位周辺は、約1週間くらいは歯ブラシは避けて下さい。
傷口を縫い合わせてる糸がほつれたり、傷口がくっつきにくくなるためです。
歯ブラシの代わりにうがい薬をお渡ししますので、食後と寝る前にうがいして下さい。
ただし、手術翌日は、消毒のため通院していただきます。

Q:手術後、お化粧はできますか?

できます。

Q:食べ物で気をつけるものはありますか?

特にありませんが、当日はやわらかい食べ物をお願いしております。
ただ、上部構造(かぶせ物)の種類によっては、硬いものを噛まれた時に、破損することもあります。
東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、インプラント体・中間体・かぶせ物に関して5年間の保証期間を設けております。

Q:インプラント手術後の注意事項はなんですか?

基本的には、歯を抜いた場合と同じです。
●当日はうがいをしない。
●当日は、激しい運動、熱いお風呂につかることを避ける。
●できるだけインプラント埋入部位以外で噛むこと。

Q:手術後、外見上の問題はありませんか?

1~2本であれば、外見上ほとんど問題がありません。
3本以上の場合や骨を移植した場合、腫れることがありますので、その場合はできるだけ仕事の休みの前に手術をされるといいと思います。

Q:インプラントの歯ブラシはどうやってするのですか? インプラントは通常の歯磨きと違うことをしないといけないのですか?

通常の歯磨きとは違います。
基本的には、御自身で歯間ブラシ、専用の薬液を使用していただきます。
東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、定期的に歯科衛生士による インプラントメンテナンスを受けていただきます。
歯科衛生士によるインプラントメンテナンス

東大阪インプラントセンターについて

Q:インプラント専門の先生はいるのですか?

東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では、外部より2名のインプラント専門ドクターにお越しいただいております。
ただし、インプラント専門ドクターには、難易度の高いインプラントのケースのみお願いしています。
一般のインプラントの施術は当院ドクターがしております。

Q:今の歯科医院で上顎はインプラントはできないでしょうと言われましたが、不可能なのでしょうか。

レントゲン写真を見てみないとなんとも言えませんが、他の歯科医院でインプラントができないといわれたケースでも東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)では可能だったケースもありましたので、担当医にご相談ください。

Q:今通っている歯科医院ではインプラントをやっていません。東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)でインプラントをして、今通っている歯科医院に戻るのは可能ですか?

可能ですが、今通われている歯科医院に相談してみてください。

Q:インプラントはどこの歯科医院で打てばいいですか?どのように判断すればいいですか?

経験のあるドクターのいる歯科医院が良いと思われます。
現在、患者様側から歯科医院を判断するのは難しいと思われますが、他の患者様やインターネットでの評判、ホームページからの情報が判断材料になると思います。

Q:引越ししてきましたが、他院でうったインプラントのメンテナンスをしてもらえますか?

できます。事情があり、元の歯科医院に通えない場合、東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)でメンテナンスをさせていただきます。

Q:インプラントした後に転勤などで通えなくなった場合はどうすればいいですか?

全国のインプラントのメンテナンスができる歯科医院を紹介させて頂きます。
ただし、かぶせ物をかぶせるところまでは、東大阪インプラントセンター(りょうき歯科クリニック)で治療を受けていただくようにお願いしています。

その他の質問

Q:海外へ行く前にインプラントはできますか。

もちろんできますが、インプラントは外科手術のため、1次手術、2次手術の前後は控えていただく方がいいと思います。
また、手術当日から抜糸までの期間は控えてください。

Q:ガルバニック電流は流れますか?

お口の中の金属同士が触れ合った時に流れる電流のことを、ガルバニック電流といいますが、 チタンのインプラントの上にかぶせる上部構造をセラミックでかぶせれば心配ありません。

Q:家族や友人に反対されました。どうすればいいですか?

昔のインプラント治療は、成功率もやや低い時期がありました。
また、一部のインプラントは長持ちしませんでした。
そういうことや、外科的な不安から反対されてるのだと思います。
ただ、今はインプラントは世界的にもコンセンサスの得られた素晴らしい治療法ですので、じっくり内容を検討されることをお勧めします。

Q:2次手術ってなんですか?どんな時に必要なのですか?

2回法で行ったインプラントの場合は、インプラント本体が完全に歯ぐきの中に埋まっている為に、頭出しが必要になります。ただ、2次手術は、非常に簡単で外科的刺激(侵襲)も少なく、ほとんど負担にはなりません。

Q:1回法か2回法のどちらをするかの基準は何ですか?

1回法は、1回の手術で治療することができますが、骨の高さや厚さが不足している場合などの骨増生が必要な場合は感染のリスクが高く、適応が限られます。 現在やはり多くの場合は、2回法となることが多いです。 当然インプラントシステムも1回法のものだけと2回法のものだけのシステムより、1回法、2回法のどちらにも対応できるインプラントシステムの方がよいと思われます。

矯正治療のQ&A

Q:ホワイトニングには健康保険は使えますか?

使えません。基本的に自費治療となります。

Q:ホワイトニングをすることによって歯に影響はありますか?

通常の健康な歯で有れば影響は出ません。
ですが、 あなたが虫歯や歯茎の病気をお持ちの場合にはそれらの治療をしてからの施術となります。
歯列の矯正中も同様です。治療後の詰め物や歯冠に影響はありません。

Q:以前に治療した歯が変色してきましたが、白くできますか?

はい、可能です。
保険診療で治療した場合、材質がプラスチックなので経年的に変色してきます。
自費診療のセラッミクであれば変色することはありませんので、いつまでも透明感のある自然な歯を手に入れることができます。

Q:同じ素材でも医院によって料金が違うのはなぜですか?

同じ素材でも、保険外のものはそれぞれの医院でその先生の考えによって設定ができますので、違いが生じます。
また、利用している技工所の料金や金属も保険外では異なりますので、料金差が発生します。

Q:前歯の真ん中に隙間がありますがセラミックで被せて治りますか?

隙間の大きさにもよりますが多くの場合は被せるセラミック治療で改善できることが多いです。
もしお悩みでしたら一度お気軽にご相談下さい。

Q:歯並びが悪いのをほっておくとどうなるの?

●虫歯や歯周病になりやすい。
●顔貌の変化 → 発育不足を起こすことがあります。
●十分な咀嚼が出来ない。
●発音が不明瞭になることがあります。
●心理的コンプレックスや、人前で笑ったり喋ったりすることに抵抗を感じる場合があります。
というような問題があります。
ですので、素敵な生活を送るために、矯正治療は必要だと私たちは考えます。

Q:矯正治療中ってどんな生活になるの?

矯正治療中に気になる点をまとめておきました。
●発音・・・表側の矯正は、ほとんど大丈夫ですが、舌側の矯正は、最初は発音しにくいです。
●運動・・・問題ありません。ただし、激しいスポーツ(ラグビーなど)をされる場合は、矯正専用のマウスピースを使用してください。
●虫歯や歯周病になりませんか?
→ 矯正治療中はお口の中にあるワイヤーなどが邪魔で、歯ブラシがしにくいと思いますが、当院の歯科衛生士が、丁寧に、歯ブラシの仕方を指導します。
また、フッ素塗布なども行います。
ただし、ご自身の自宅でのケアが一番大事だと思います。
●治療中の痛みは? → 矯正装置を調整した後、数日間は少し痛みがあります。
また、矯正器具が当たって痛い場合は、すぐに当院に来ていただき、調整いたします。

Q:矯正治療の重要性はわかるけど、費用はいくらかかるの?

矯正治療は原則として保険がきかず、特殊な治療を除いて、保険外診療になります。
症状にもよりますが、一般的には総額70-80万くらいになります。
支払い方法もいろいろありますからご相談してください。
※特殊な治療の例
外科矯正手術を併用する顎変形症の歯列矯正治療および口蓋裂等に保険が適用されます。

Q:知り合いが矯正したけど、後戻りしました。大丈夫かなぁ?

矯正した後、歯の周囲の骨が硬くなるまでは、歯が元の位置に動くことありますので、防ぐために、リテーナーという保定装置を入れて頂く必要があります。
夜間だけ(寝ている間)入れて頂く装置で、通常1年以上は入れて頂く必要があります。

Q:治療期間はどのくらいですか?

症状や年齢によって異なりますので、一概には言えませんが、目安として、中学生から高校生くらいで、1年半から2年半くらい、大人の場合、もう少し長くかかる場合があります。

Q:日常生活に支障はありますか?

矯正歯科装置装着後、痛みや違和感がある場合もありますが、 数日で治まりますので、 その後は運動や勉強などには殆ど影響しません。
矯正歯科装置が装着されれば、来院も約1ヶ月に1回くらいですので、日常生活にもさほど影響しないと思います。

Q:歯を抜かずに矯正歯科治療が出来ると聞いたことがありますが?

歯を抜かなくても歯を並べるだけで治療できる場合もあります。
もちろん叢生の強い方は、抜くことによってきれいに並べれることもよくあります。
最近の矯正歯科技術の進歩により、学童期のうちに治療を開始する(歯列育形成)ことにより、 以前より抜歯をしなくても治療が可能になってきました。
よくご相談下さい。

Q:何歳くらいで相談したらよいのでしょうか?

不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。
治療開始時期は、症状により異なります。

Q:大人になってからも矯正できますか?

もちろん大人でも矯正はできます。
最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。
年齢に上限はありませんが、成長期にある子どもは成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。

Q:虫歯や歯周病にかかっていても、矯正できますか?

矯正の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療をする場合もありますが、こちらから指示をお出しします。

Q:治療中に痛みはありますか?

装置を初めてつけたり、力を調整したときには、歯が浮くような感覚があります。
個人差がありますが、数日でおさまります。

Q:食事や歯みがきは、普通と同じでよいのでしょうか?

矯正治療によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。
装置をつけているので、歯みがきには、工夫がいります。
みがき方の指導をしますから、早くそれを身につけてください。

Q:矯正治療が成功するポイントは、どこにありますか?

矯正治療は長い治療期間を必要とします。
患者さんと矯正医・歯科医院が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。
りょうき歯科クリニックのご案内一覧へ戻る


患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.