load

厚生労働省指定臨床研修医療機関 医療法人 誠仁会 りょうき歯科クリニック

予防歯科 PREVENTION

虫歯・歯周病を予防することで、楽しい人生を送ることができるのです。

多くの人は、予防歯科の重要性はわかるが、緊急性がないから、来院されないようです。
これからは、歯周病や虫歯にならないように、予防歯科に力を入れて下さい。

予防歯科とは

歯を削って詰めたり、被せたりするのは、歯が無くなってしまった部分への後始末です。
その原因を改善して、新たに生じるのを未然に防ぐのが予防歯科なのです。
日本人が定期的に歯の検診やクリーニングを受ける割合は、他の予防先進国に比べると非常に低いと言われています。

歯に対する健康を心がけるのは、

  • 歯周病
  • 虫歯  に対してです。

虫歯も歯周病も原因はお口の中の細菌です。細菌をコントロールして、上手く付き合っていければ、虫歯も歯周病も恐くない病気です。最良の治療は予防です。

予防歯科とは

歯周病はどんな病気かご存じですか?

歯茎が腫れる、血がでる・・・もちろんこの症状も歯周病の症状に当てはまりますが、 一番怖いのは支えになっている顎の骨が溶けてしまうということです。
顎の骨が溶けると、歯の支えが無くなり、歯はぐらぐら動いてしまい、最終的には抜け落ちてしまいます。

さすがに歯がぐらぐらしてしまうと、不安になって歯科医院に来院頂けると思います。しかし、手遅れの場合もあるのです。
歯周病の怖いところは自覚症状がなく、病気が静かに進んでしまうところなのです。

成人の約80%が歯周病を患っていると言われています。

歯周病はどんな病気かご存じですか?
歯周病を防ぐにはどうしたらいいの?

まずは歯医者さんに来て歯周病の検査を受けることです。
歯を支えている骨の状態、歯肉の状態を検査します。レントゲン写真を撮影し、 同時に歯と歯肉の境目にある溝(歯肉溝)の深さを調べることで歯周病の進行度合いがわかります。
検査後、歯周病の治療を行っていきます。

治療後はどうすればいいの?

一度歯の周囲の骨を溶かすほど進行してしまった歯周病は、基本的に症状が落ち着くことがあっても、骨が元の量に戻ることはありません。
治療が終わってもそのままにしておくとまた歯石がついて、病気が進行してしまいます。
治療前の状態に戻さないためにも、毎日の歯磨きと定期的なクリーニングをお勧めします。

8020運動ってご存じですか?

日本歯科医師会が行っている80歳で20本の歯を残して、健康で良く咬める人生を送りましょうという運動です。
日本は世界の長寿国だから、歯の方も健康に違いないというのは大きな間違いです。

【日本と欧米諸国における予防意識の違い】
日本と欧米諸国における予防意識の違い
日本と欧米諸国における予防意識の違い

お口を守るために必要なこと

1回の予防は100回の治療にも勝ります!
今からでもまだ間に合います。思い立ったその日が、お口への健康の第一歩です。

POINT01.自分のお口の中を知ること

細菌のことや咬む力について知る。

POINT02.歯磨きのレベルUP!

自分に合った磨き方。フロスや歯間ブラシの使用。

POINT03.しっかり咬める奥歯を作る治療

インプラント、入れ歯、ブリッジ。

POINT04.口の中を最近が繁殖しづらい環境に改善

合っていない被せ物のやりかえ。

POINT05.三ヶ月に一度の定期検診

プロフェッショナルクリーニング、除菌療法etc.