load

厚生労働省指定臨床研修医療機関 医療法人 誠仁会 りょうき歯科クリニック

小児歯科 CHILD

乳歯は抜け替わる歯だからと言いって、粗末にしてはいけません

「お子さんの歯は抜けて生え替わるから、虫歯でもいいわ」なんて思っていませんか?
乳歯は丈夫な永久歯が生える準備をする、大切な歯です。
乳歯で噛むことによって、顎(あご)の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせが促されます。

3歳くらいまでに歯磨き習慣を

3歳くらいまでに歯磨き習慣を

歯が生えはじめたら、歯磨きの習慣を身につけましょう。
磨き方を教えてお子さん自身にさせてあげます。その後必ず、お母さんが仕上げ磨きをして下さい。
うがいができるようであれば、歯磨き粉を使ってもいいでしょう。
また、3才児検診の時に、咬み合わせのチェックを行います。
反対咬合が認められた場合、4~5才ぐらいでムーシールドという装置を用いて治療を行なうことができます。

6歳の臼歯についての知識

6歳の臼歯についての知識

一番最初に生えてくる大人の歯を「6才臼歯」と言います。
生えたての6才臼歯は、他の乳歯より背が低く、磨きにくいため、虫歯になりやすいです。
また、生えたての歯の溝は深く、汚れが溜まりやすいです。
初めての大人の歯を虫歯から守るために、奥歯の咬み合わせの面のミゾをフッ素入りのシーラントで塞いでしまえば、虫歯菌がミゾに入れなくなり、虫歯予防にも繋がります。
ただし、定期的な検診(3ヶ月に1回)によって、シーラントが脱落していないかチェックする事が必要です。

また、この歯は上下の咬み合わせの基準となり、他の永久歯が正しく生えるガイドとなります。
歯並びは顎の成長、骨格に大きく影響を与えています。
成長途中の6~7才から治療を開始する事によって、歯並びを治すことと同時にキレイな顔に育てることが出来ます。
この歯が生えてきたら、一度歯並びのチェックに来て下さい。

12歳くらいまでの虫歯予防

12歳くらいまでの虫歯予防

手指感覚の発達の関係で、9才ぐらいまでは、仕上げ磨きが必要です。
しかし、様々な理由で難しい時もあると思います。歯科医院の定期検診を受けて虫歯にならない生活習慣とブラッシング方法を身につけていきましょう。

お子さんの虫歯を作らないために

  • 正しいブラッシング方法を身につけましょう。
  • 三度の食事をしっかり食べて、おやつは一日一回にしましょう。
  • 定期検診に来ましょう。

虫歯になると、歯科医院で削って詰めてどんなに上手に治療できても、自分の天然の歯とは比べ物になりません。
まして、抜いてしまったら・・・
自分の歯で何でもよく噛んで楽しく食事ができ、大きな口をあけて心の底から笑い、美しい表情を保つ。
健康なお口がお子さんにとって最高のプレゼントです。