load

厚生労働省指定臨床研修医療機関 医療法人 誠仁会 りょうき歯科クリニック

審美歯科 BEAUTY

白く輝く歯、健康で美しい歯をあなたに。

審美という言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思いますが、審美歯科とは美しさに焦点を当てた、総合的な歯科医療のことです。

ラミネートベニア

歯の色が気になる、歯の形が気になる方にオススメです。

ラミネートベニアとは色や形に異常のある前歯の表面を0.5-1mmほど削り、そこに非常に薄いセラミックのシェルを接着し美しくする方法です。
歯を削る量が少なくてすみますが、削り方、シェルの作成、接着に非常に高度な技術が必要です。
ラミネートベニアは基本的に上顎の前歯のみに適用されます。
セラミックのシェルは非常に薄いものですから、力のかかるところには使用できません。
また下の歯の色も透けやすいので、歯の色が濃い場合はホワイトニング、歯の位置が悪い場合は矯正治療を併用しないと思ったような効果がでないことがあります。

ラミネートベニア
ラミネートベニアの特徴
ラミネートベニア法で白い歯に。すきっ歯の悩みにも効果的

より自然な白い歯を手に入れたい人や、すきっ歯に悩む人には、ラミネートベニア法が最適。
歯の表面を薄く削り、セラミックでコーティングすることで、歯の形や色に関する繊細なリクエストにも応えることが可能です。
ケアカウンセリングや歯の色の測定を通して、理想の仕上がりについて徹底的に相談。
歯のエナメル質の表層を少しだけ削って、薄いセラミックのシェルを貼りつけます。
治療回数がわずか2回で済む手軽さでも、人気の施術です。

手頃な値段で白い歯にしたいならホワイトニングを!

あまり知られていないことですが、歯は加齢によってどんどん黄ばんできてしまいます。
変色した歯を削らずに、芸能人やモデルのような白く輝く口元を手に入れたいなら、ホワイトニングがオススメ。
黄ばんでいる歯を特殊な漂白剤で脱色することで、手軽に白い歯を取り戻すことのできる治療法です。
事前に、理想の仕上がりについてご相談をさせて頂きます。歯の表面に、漂白作用のある薬剤を塗り、可視光線を当てます。
個人差にもよりますが、数回の通院で白い歯になるのが一般的です。

セラミッククラウン

歯の色が気になる、金属アレルギーのため、金や銀の被せ物が入れられない方にオススメです。

セラミッククラウンとはすべてセラミック(陶材)でできている変色しない美しい材質です。
口元の印象は意外なほど、その人自身の印象を左右しています。美しく、にっこりとした、辺りがぱっと明るくなるような笑顔。生き生きとした、自身に溢れた笑顔。あなたも、そんな笑顔を手に入れてみたいと思いませんか?

セラミッククラウン
セラミッククラウンの特徴
長期間安心してご使用頂けます

食べ物を噛む時には、歯に大きな力が加わっています。
更に、歯は食べ物や薬品類の様な成分にさらされ、腐食による変質、変色の可能性があります。その為、補綴物(さし歯・つめ物等)は強度に優れ、腐食に強い性質が求められます。
その点、オールセラミックは生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えるでしょう。
オールセラミックを使用すれば、誰もそれが治療した歯(さし歯・つめ物)とは気づきません。にっこりと、そして大きな口を開けて存分に笑って頂く事ができます。

セラミックとセレックの違い

セレック(CEREC)とは、CEramic REConstruction(セラミック修復)のことです。

セラミックとセレックの違い

3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとにブロックを削り出します。

歯科技工士が作るオールセラミックとは違い、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するチャアサイド・CAD/CAMシステムです。
カメラで撮影したデータを利用して、コンピュータを使いデザイン、修復物を作製するので、歯型をとることがありません。
ただし、症例により歯型をとる場合もあります。

セラミックとセレックの違い

修復物の作製は歯科技工士が作るオールセラミックだと10日以上かかります。
しかしセレックだと歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的で早く製作が可能です。
また、規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

セラミックとセレックの違い