矯正歯科の選び方は?大人になってからの矯正の特徴についても解説!


「歯並びや、噛み合わせが気になるから、矯正治療をしてみたいな…」と思ったことはありませんか?
歯並びや噛み合わせが悪いと、むし歯や歯周病になるリスクが上がるだけでなく、全身へさまざまな悪影響が出てきてしまう可能性もあります。
「大人になってから矯正治療はできるのか分からない…。」「どのくらいの費用がかかるのか心配…。」と思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回は矯正歯科について、その特徴や選び方などを分かりやすく解説させて頂きます。

矯正歯科について

矯正歯科は歯並びを整える治療を主に行い、歯並びの改善を専門とする歯科医院です。
ガタガタな歯並びや悪い噛み合わせも、矯正装置を通して、ゆっくりと歯やあごの骨に力をかけて動かし、綺麗な歯並びにしてきちんと噛み合うように治療するのが矯正歯科治療です。

大人になってからの矯正の特徴、メリット・デメリットについて

かみ合わせを改善することで、一部の歯に負担がかかっていた場合には、均等に咬む力を分散させることができるため、他の歯の保護にもつながります。
また歯並びや噛み合わせが悪いと、口の中だけではなく全身にさまざまな悪影響を及ぼします。
歯磨きが難しくなることでむし歯や歯周病になりやすく、口臭の原因にもなります。それに加え、食べ物を良く噛むことが出来ず消化器官に負担がかかり、発音にも影響を与えます。
しかし矯正することにより、これらの口の中や全身への悪影響を防ぐことが出来ます。

では、大人の矯正治療にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

大人の矯正治療のメリットは?

・歯並びが良くなることで歯磨きがしやすくなり、むし歯や歯周病を予防することができ、お口の健康を維持できます。
・見た目のコンプレックスが改善されるため、人と接することが苦手な方も積極的に人と関われるようになるなど、人とのコミュニケーションに自信を持つことができます。
・子どものように、成長過程に合わせて行うなどの影響が少ないので、治療のスケジュールが立てやすいです。

大人の矯正治療のデメリットは?

・治療が終わればきれいな歯並びになりますが、治療方法によっては、歯に着けた矯正器具が目立つなど、治療中の見た目が気になるということがあります。
・矯正治療は歯の位置を動かすので、それにより治療中は痛みを感じる場合があります。
また、矯正器具が粘膜や舌に触れる際の不快感が気になる方もいらっしゃいます。
・治療中は、歯ブラシが届きにくいところもあるので汚れが残りやすく、むし歯や歯周病になりやすいので、普段から丁寧なセルフケアが必要です。

矯正が必要な歯並び

歯並びや、噛み合わせが悪いと言ってもどのような歯並びが矯正治療の対象になるか分からないという方もいらっしゃると思います。
治療の対象となる噛み合わせを、いくつかご紹介したいと思います。

・叢生(そうせい)

歯並びがデコボコになってしまっている状態を言います。
歯ブラシが届きにくく、磨きにくいので、汚れが残りやすい歯並びです。

・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」と言われる状態です。
上の前歯が前に出ている状態や、下のあごが小さくて出っ歯に見えることがあります。

・反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」と言われる状態です。
下の歯が上の歯よりも前に出てしまっている状態を言います。
歯の傾きに問題がある場合と、下あごの大きさに問題がある場合があります。

・開咬(かいこう)

歯を噛み合わせても、前歯が噛み合わない状態のことを言います。
前歯で食べ物を噛み切ることが難しく、発音にも影響を与えます。

・手術が必要な顎変形症(がくへんけいしょう)

矯正治療のみでは難しく、あごの曲がりを改善するために外科手術も併用して治療します。

矯正歯科の選び方は?

矯正歯科は自由診療のため、歯科医院によって費用が異なります。そのため、料金体系が分かりやすい歯科医院を選ぶほうが良いです。
矯正治療は長い期間をかけて行いますので、気兼ねなく相談できるような環境の歯科医院だと安心ですね。また、自宅から通いやすい歯科医院を選ぶというのも治療する上で大切なポイントです。
矯正治療の方法はたくさんあるため、自分の希望にはどの治療法が一番適しているのかをしっかりと相談して決める必要があります。

まとめ

歯並びや噛み合わせが悪いと、口の中だけではなく全身にさまざまな悪影響を及ぼすため、自分自身の歯並びに異常を感じたら歯科医師に受診することがおすすめです。
矯正治療には、メリットとデメリットがあります。メリットしかない治療法は無いので、デメリットも理解したうえでご自分に合った治療法を選択すると良いでしょう。歯並びでお悩みの方は、ぜひりょうき歯科クリニックにご相談ください。

矯正歯科へのリンク

Pocket

You may also like...