【15秒で読める】牛乳は虫歯にならないの?予防効果とリスクを解説

牛乳はむし歯にならないの?

牛乳はむし歯に予防効果があることが分かっています

〇お口の中の酸を中和する
〇歯の表面にできるプラーク(汚れ)をつきにくくする
〇エナメル質の再石灰化の促進
〇だ液が良く分泌されるようにする

しかしながら、ここで注意しなければならないのは、
牛乳は『むし歯になりにくい』のであって、
『むし歯にならない』というわけではないということです。

牛乳には砂糖は含まれていませんが、乳糖が含まれています。
砂糖に比べて乳糖はむし歯になりにくいですが、
磨き残しがあるお口の中では酸性に傾きます。

そのため、歯磨きをした後に牛乳を飲むと、
しっかりとすみずみまでお口の中が磨けていれば、
むし歯になるリスクは低いですが、
少しでも磨き残しがあるとむし歯になるリスクは出てきます。

なので、毎日牛乳を飲むという方は、
牛乳を飲んだあとには歯磨きをしてあげる方が安心だと思います。

正しいブラッシングについては『【15秒で読める】当たり前だけど多くの人ができてない歯磨きのコツ』をご確認ください。

【15秒で読める】当たり前だけど多くの人ができてない歯磨きのコツ

Pocket

りょうき歯科

東大阪市のりょうき歯科クリニックです。当院は地域に密着した歯科医院でありながら、インプラント専門医や歯周病認定医、矯正医、口腔外科医による専門性の高い治療を備えた多機能型歯科クリニックです。また、高齢者や障がいをお持ちの方に歯科診療を受診していただくための訪問歯科診療を実施。小さなお子さんから介護が必要な方まで、患者さんのお口の健康を生涯支えるパートナーとなるべく、さまざまな情報をブログで発信しています!

You may also like...