インプラント治療が怖いと思う方へ。治療に関する不安や痛みについて解説。

不安を感じる女性
むし歯や歯周病になってしまい歯を失った時の治療法で多いのは、ブリッジや入れ歯でした。しかし、ブリッジや入れ歯の他に、第三の治療法として「歯科インプラント」があることをご存知でしょうか?
歯科インプラントは、「第二の永久歯」とも言われており、失ってしまった歯の部分に人口の歯根を埋め込む手術が必要になります。
手術が必要になってくると聞くと、なんだか怖くて、とても不安になりますよね?
今回は、インプラントとはどんなものなのか?インプラントの手術に関する不安や痛みについて解説していきたいと思います。

インプラントとは?治療中の痛みはあるの?

インプラントとは、心臓のペースメーカーや人口の関節、美容の目的で使用するシリコンもインプラントの一種で、体の中に医療機器や材料を埋め込むことを総称します。
むし歯や歯周病などで歯が無くなってしまったあごの骨に埋め込む人工の歯根もインプラントの一つで、『歯科インプラント(デンタルインプラント)』などと呼びますが、一般的にはその意味で「インプラント」と呼ばれております。

インプラントは、歯が抜けてしまった部分のあごの骨に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯を装着する治療方法です。天然の歯とほとんど変わらない感覚で機能と外観を回復することができます。

ここまで聞くと、「やっぱり痛そうだな…怖いな…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、インプラントの手術には、「局所麻酔」をしますので、基本的にはほとんど痛みを感じません。

インプラントの歴史

歯科インプラントの歴史はとても古く、紀元前3世紀ごろのローマ時代に、鉄製のインプラントが上顎の骨に埋め込まれている人骨が発見されました。
その他、中南米では紀元7世紀ごろと思われる時代に、貝で作られたインプラントが下顎に埋め込まれている人骨も発見されているそうです。

インプラントに使用されている部品について

そんな古い歴史をもつインプラントですが、確実な治療法となったのは比較的最近の話になります。

インプラントは主に、『フィクスチャー』『アバットメント』『上部構造』の3つの部品から出来ております。

「フィクスチャー」とは、あごの骨に埋め込むチタン製の人工歯根です。「アバットメント」とは、フィクスチャーの上に取り付けられる土台を指し、「上部構造」とは、アバットメントの上に装着するセラミックなどで作られた人工の歯になります。

インプラントの構造

インプラントのメリット・デメリットについて

インプラントのメリットは、他の健康な歯を削る必要がなく、自分の歯と同じような感覚で物を噛んで食べることができますので、刺激があごの骨まで伝わり、あごの骨が痩せてしまうのを防いでくれます。
また、見た目も自然で、人工歯の部分にはセラミックやジルコニアなどが使われるため審美的にも優れています。

反対にデメリットですが、インプラントは保険適用外の治療となってしまうため高額になります。また、全身疾患のある方は手術が必要なため、誰でも受けられるという訳ではないので注意しなくてはなりません。
さらに、あごの骨に埋め込まれたインプラントが、骨と強く結合するまで時間がかかるため、治療の期間も長くなってしまいます。
健康な歯を保つためにも、治療が終わった後はメンテナンスが必要になってきます。

インプラントの気になる痛みについて

インプラントの手術では、骨に穴をあけてインプラントを埋めるので、「やっぱりちょっと怖いなぁ…」と不安に思われる方も多いと思います。

先ほどもお伝えした通り、手術では局所麻酔をするため、麻酔をする時に歯肉に注射針が刺さる痛みや、薬が注入されるときに感じる痛みはあるかもしれませんが、手術中は基本的にほとんど痛みを感じません。

局所麻酔をする時の痛みも、麻酔をする前に歯肉に塗布する表面麻酔を用いたり、事前に麻酔薬を温めたりすることで痛みを和らげることができます。もし、万が一、途中で麻酔が切れてしまっても追加投与することができるので安心してください。
また、手術中の緊張や恐怖感を和らげるために「静脈内鎮静法」という麻酔法も併用して受けることが可能です。

「静脈内鎮静法」は、鎮静剤を点滴で投与し、ウトウトと眠っているような状態の中で手術を受けることができます。

インプラントの治療後は、埋入本数の違いや、骨造成を行った場合でも、痛みや腫れの感じ方は個人差がありますが、痛み止めの薬で抑えることができる程度の痛みで、時間の経過とともに緩和していきます。

まとめ

入れ歯やブリッジに代わり、他の健康な歯を削らずに自分の歯と同じような感覚で物を噛んで食べられるのはとても嬉しいですよね。
インプラントは、メリットとデメリットをふまえて治療法を選ぶ必要があります。
「なんだか怖いなぁ…痛みが心配だな…」と思われる方も、手術にはほとんど痛みもなく手術を受けることができ、リラックスした状態で治療を受けられる方法もあります。

りょうき歯科クリニックでは、当院でインプラント治療を受けられた患者さんが、将来、加齢により、通院が難しい状態になった場合にでも、訪問歯科診療で歯科医師・歯科衛生士がご自宅等にお伺いし、引き続き口腔ケアを行いますので、インプラント治療をした後も長年にわたって、お口のメンテナンスが出来て安心です。

また、インプラント治療5年間保証書を発行しております。りょうき歯科クリニックではその他にも様々な特徴がございます。ぜひご来院ください。

Pocket

あわせて読みたい