子どもの矯正は何年ぐらいかかるの?

矯正の期間については、多くの親御さんがご質問されます。これは、とても難しい問題です。

「矯正の期間」について、親御さんがどのように考えておられるのか?それによって、答えが変わります。ここで、少し詳しく解説いたします。

矯正期間

矯正治療は大きく2段階に分かれます

当院では、子どもの頃から始める矯正を「1期治療」、ある程度成長の終わったお子さんや成人の治療を「2期治療」と呼んでいます。

2期治療は身長の伸びが止まるころ、男の子の場合ですと中学~高校生ぐらいから開始する治療です。子どもの頃から治療を始めると、1期治療、2期治療の順番に進みます。つまり、小学校3年生から1期治療を始めたお子さんは、2期治療を開始するまでの約6年間は、1期治療中と言えます。そう考えると、「子どもの矯正の期間は6年」です。

1期治療には経過観察の期間があります

えっ、6年!!と驚かれたかもしれません。しかしながら、その6年間、ずっと装置をつけているわけではありません。この6年間には、経過観察の期間が含まれています。

小学生の間は、乳歯から永久歯に生え変わる時期です。また、身長の伸びと同じように、口の中の骨も成長します。1期治療では、歯の生えかわりや、骨の成長を観察しながら、新しい器具が必要かどうか検討を繰り返す時期があります。

つまり、1期治療の間には、装置を何もつけていない期間もあるということです。6年間ずっと装置をつけて、毎月毎月通院しなければならないわけではありません。基本的に装置をつけていない期間は、3ヶ月に1回の通院となります。

この期間を経過観察と捉え、矯正の期間に含まなければ、矯正の期間はうんと短くなります。

実際に装置をつけている期間は?

口の中の状態によって変わるため、明言はできませんが、およそ1年とお話しすることが多いです。

複数の装置が必要な場合や、改善すべき問題が多い場合は長くなりますし、後から生えてきた歯の状態や、成長の度合いによっても、装置をつける期間は長くなります。

また、取り外し可能な装置とつけっぱなしの装置がありますが、取り外し可能な装置ですと、治療期間は長くなる傾向にあります。

一般的に年齢が若ければ若いほど、問題点が少なくなりますので、装置装着の期間は短くなります。

そのため、小学校低学年での受診をおすすめいたします。お子さんの矯正期間について、より詳しく知りたい場合は、矯正相談へお越しください。

お子様の歯ならびが気になる方はお気軽にご相談ください。

clinic

お子様の歯ならびが気になる?このまま放っておいて大丈夫?と心配の方はりょうき歯科クリニックでご相談ください。当院は矯正歯科医師4名在籍。インフォームドコンセントを重視し、しっかりとした説明と同意のもと治療を行っております。土・日・祝日も診療。平日は22時まで診療している日もございますので、ご都合に合わせて治療が可能です。まずはお気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 矯正審美センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9 
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:http://www.higashiosaka-kyousei.net/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。