前歯だけ部分矯正で治してくれへん?

「ちゃちゃっと前歯だけ並べ治すこと、できひんの?」前歯だけの矯正を希望される方は多くいらっしゃいます。

当院では前歯だけ、奥歯だけといった部分的な矯正も行っております。

ただし、どなたでも可能というわけではありません。

 

部分矯正歯並び

 

簡単そうで実は難しい部分矯正。

 

「出っ歯だから、ちょっとだけひっこめてほしい」とか、「この歯1本だけ少しゆがんでいるから、治してほしい」といったご相談はよく伺います。

しかしながら、お口の中を見させていただくと、全体的な矯正が必要な場合がほとんどです。

食べ物をかむという機能面と、見た目の美しさの両方から歯並びについて考えると、やはり全体的に並べ治すことが良いと思われます。

例えば、出っ歯を治す場合。前に出ている歯を、後ろに引っ張らなければなりません。

全体的な矯正では奥歯にも矯正装置を着けているので、前歯をある程度後ろへ引っ張ることができます。ところが、部分矯正で前歯しか装置を着けていない場合は、奥歯に装置がついていないので、後ろへ引っ張ることができません。

その結果、しっかりと出っ歯を後ろに下げることができず、出っ歯があまり改善しないことがあります。

さらに条件が良くなければ、出っ歯ではなかった他の歯が前に出てきて。矯正治療を始める前よりも出っ歯になってしまうことがあります。

歯を動かすにはさまざまなことを考えて矯正治療を行わなければならないため、多くの矯正医が、部分矯正は全体の矯正よりも難しいと考えています。

 

どこまで妥協するかをよく話し合ってください。

 

しかし、それでも部分矯正を希望される方には、部分矯正のメリット、デメリットをお話した上で、部分矯正をするかどうか判断していただくようにしています。

部分矯正の一番のメリットは、費用が安くなること。
一番のデメリットは、矯正後のかみ合わせがあまりよくないこと。
私たち矯正担当医の考えをよく聞いていただいたうえで、判断してください。

 

他の歯科治療とコラボレーションする矯正治療もあります。

 

上記の部分矯正と異なる部分矯正もあります。
例えば、歯が抜けた場所へインプラントをする際に、部分矯正をする場合。
歯はまっすぐに生えているのが普通だと思われていますが、隣の歯が抜けてしまうと、歯は傾いてしまいます。

歯が傾いたままだと、インプラントができないため、歯を起こすために、部分矯正が必要となることもあるんです。
文章だけでは少々分かりにくかったかもしれません。詳しいお話は、矯正相談にてゆっくりとご説明いたします。いつでもご相談ください。

 

無料の矯正歯科説明会を、定期的に開催中です

お子さまの歯科矯正に関する疑問にお答えする「無料・矯正歯科勉強会」を定期的に開催しています。概要や開催期日を以下のページで紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

矯正歯科の治療に関する詳細はコチラから

マウスピース矯正(インビザライン)の治療に関する詳細はコチラ

 

Pocket

You may also like...