女医さん在籍の小児歯科なら安心!お子様の歯医者嫌いを克服する方法をご紹介


歯医者が苦手・嫌いなお子様は多いのではないでしょうか?
大人でも、あの「キーン」という治療器具の音や、独特のにおい等が苦手…、歯医者に行くだけで不安な気持ちになってしまうと言う方もいらっしゃると思います。しかし、そうは言ってもむし歯になってしまったときには、歯医者に行って治療をしてもらわなければなりません。
今回は、なぜ歯医者嫌いになってしまうのか?子どものむし歯の特徴についてなど、お子様を歯医者に連れていく際のご参考になるようにまとめていきたいと思います。

小児歯科とは

小児歯科の対象年齢は、年齢に明確な定めはありません。
その歯科医院によって対象年齢はバラバラですが、だいたい0歳~18歳くらいまでを対象としており、主に子どものむし歯予防や治療を行います。
小児歯科では、むし歯になってから歯を治療するというだけではなく、むし歯にならないようにするために、定期検診や歯磨き指導、シーラントやフッ素塗布などを行い、お子様のお口の健康や環境を育成しケアをしていきます。親御さんへの歯科指導などを行う場合もあります。
また、お子様によっては「女性の先生がいい」という方もいらっしゃいます。なんとなく男性の先生よりも、女性の先生のほうがソフトな感じがして安心しますよね?

一般歯科と小児歯科の違い

一般歯科と小児歯科では何が違うの?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
この二つは、どちらも、むし歯の治療などに対応しているといったことは変わりありません。
大人に比べて子どもの場合は、将来的な成長を視野にいれた治療計画を立てます。
むし歯だけではなく、将来的な歯並びなども考え、後に生えてくる永久歯に悪い影響が出ないように、歯の成長を視野に入れながら計画を立てて治療を行います。
また、小児歯科では子どもが怖がらないような空間作りや楽しめる工夫、一緒に来院した親御さんも安心できる環境づくりをおこなっています。

子どものむし歯について

子どもの歯は、いずれ抜けて大人の歯になるから、虫歯になってもそんなに大したことないのでは?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
子どもの歯は大人の歯とは違い、歯のエナメル質や象牙質が薄く、大人の歯の半分ほどの厚みしかありません。歯質も軟らかいので、むし歯が進行しやすいと言った弱点があります。
乳歯は、溝が多く深いため、食べカスや、磨き残しが多くなりやすく、歯磨きが上手く出来ないのが原因でむし歯になりやすくなります。
また、乳歯のむし歯は、黒や茶色っぽい色のむし歯ではなく、むし歯が急に進んでしまう「急性う蝕」というタイプのむし歯で、白っぽい色をしているため分かりにくいという特徴もあり、むし歯が進行して、神経ギリギリになっても痛みを感じないことも多くありますので、発見が遅れがちになります。
また、神経に達するようなむし歯は、強い痛みを感じます。治療も大変になりますので、そのぶん負担も増えてしまいます。
その他にも、乳歯の虫歯がひどくなり、乳歯を早くに失ってしまうと、永久歯の生えてくるスペースが足りず、歯並びが悪くなってしまう可能性があることや、歯の根っこの部分に膿が溜まると、奥にあるこれから生えてくる永久歯が変色し、歯の質が弱くなってしまうことがあります。

どうして歯医者嫌いになってしまうのか?

子どもにとって、最初に受ける歯科経験はとても重要です。初めての歯医者で怖い思いや痛い思いをしてしまうと、その子にとって歯医者を怖がる原因を作ることになってしまうからです。はじめから歯医者は怖いところだと思ってしまうと、次から歯医者に通いにくくなってしまいます。ですから、歯が悪くなる前に行くことが大切です。これは、大人にも子どもにも同じことがいえます。
フッ素塗布などの予防処置から始めれば、短時間で痛みもないので歯科医院に慣れるいい機会にもなります。
治療や処置を受けた後は、少し大げさなくらいにほめてあげると、もし泣いてしまったとしても、お子さんに自信がつき、次も頑張ってみようと思えるようになります。

まとめ

小さいときに怖い思いをすると、なかなかその思いを取り除くのは難しいですよね。
子どもにとって、最初に受ける歯科経験はとても重要です。
また、子どもの歯は、大人の歯よりも薄く、むし歯が進行しやすいなどの特徴があります。お子様の大切な歯を守るためには、こまめに歯医者で検診を受けることがとても大切になります。りょうき歯科クリニックには、女医も在籍しており、歯医者嫌いなお子様にも女性歯科衛生士や女医が優しく対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

小児歯科の詳細はこちら

Pocket

You may also like...