義歯(入れ歯)安定剤について

入れ歯安定剤を使っている方を外来診療、訪問診療両方で見かけられます。

以前は安定剤は使用してはダメだという歯科医師がほとんどでしたが、最近では少し考え方が変わってきました。

症例によっては、安定剤は適切に使用すると有効なものと考えられています。

しかし、それは歯科医師の管理下によって有効なもので、患者さんの判断で使用することはお勧めしません。
今回は義歯(入れ歯)の安定剤についていろいろ話していきます。
入れ歯

 

義歯安定剤の種類

安定剤の種類は、粘着タイプと密着タイプの2種類に分けられます。

粘着タイプは供給される形によって、粉末タイプ、クリームタイプ、テープタイプに分けられますが、基本的な組成は変わりません。

現在市販されているものはクリームタイプがほとんどです。

義歯に均一につけやすく、有利なものはクリームタイプと思います。

密着タイプは、手指や粘膜にはあまり粘着性を示さないが、義歯には粘着性を示し、大きな隙間を埋めるのに有効とされています。

また付けてから2〜4日使用できるとされていますが、だんだんと固くなっていき、剥がすのが困難となることがあり、あまり使用することはお勧めしません。

 

どんな時に使用するか

まずは歯科医師に相談してください。歯科医院で歯茎と義歯との適合を合わせてもどうしても安定しないことがあります。

歯茎がかなり痩せてしまっている場合、唾液の量が少ない場合と安定する条件が悪い時に安定剤の使用を勧めます。

訪問診療時においては、患者さんの状態によって勧めることもあります。

 

適切に使用して下さい

安定剤は、適合が悪い場合でも安定を大きく向上させることがあります。

その場合、患者さんが治療の必要な義歯の状態で長期間使用することとなり、歯茎の吸収を早めたり、歯茎を傷めやすくなります。

必ず患者さんの自己判断ではなく、歯科医師の指示を仰いでください。また、義歯安定剤は衛生状態が悪くなりやすいです。

清潔な状態を保つようにしてください。

総勢80余名の総合歯科医療クリニック

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックです。歯科、小児歯科、矯正、インプラントまで各治療に精通した歯科医師が在籍しています。また元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療で忙しい方でも通院しやすい体制を整えております。是非、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9

・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。