矯正の「後戻り(あともどり)」とは?

「矯正昔やってたんだけど、後戻りしちゃって・・・」
と恥ずかしそうにお話されるお母様。
矯正治療経験のある方はみなさまご存知の「後戻り」。
でも、治療をしたことのない方には、全くなじみのない言葉。
今日は後戻りについて、ご説明いたします。
tooth_correction

矯正って、実はすごく珍しい医療なんです

矯正歯科治療はとても特徴のある医療だと思っています。
「歯や骨を、切り取ることなく別の部分に移動させる」医療は、あまりないのではないでしょうか。

怪我や加齢により損傷した部分を、人工の物や機械に置き換えたり、体の他の部分から切り取って張り付けたりする医療はあると思います。
しかし、切り取らず、置き換えもせず、移動させて使うということは、矯正治療独特ではないでしょうか。

そんなちょっと変わった医療ですので、他の医療ではあまりなじみのない現象が起こります。

それが、後戻りです。

ちょっと難しいですが・・・後戻りのイメージ解説

これはあくまでイメージですが、歯は土に植えられた植物に似ています。

歯には植物同様根っこがあります。
大きな根っこと、小さな根っこ。

小さな根っこは、大きな根っこからひげ根のように、細かい繊維として土の中に伸びています。

あごの骨が、土だと考えてみてください。
矯正治療によって歯を動かそうとすると、歯と、歯の根っこは、少しずつ新しい場所へと動いていきます。

しかしながら、小さなひげ根は、やや遅れて、引っ張られながら移動します。
矯正歯科治療後、矯正装置を外して放っておくと、このひげ根が、歯を元の位置へひっぱり戻そうとします。

これが、後戻りの原因の1つです。

また、他にも加齢変化であったり、さまざまな日常生活の癖が原因で、後戻りを引き起こしてしまうことがあります。

後戻りを予防するために、リテーナーの装着が必要です

先ほども述べたように、矯正治療経験の有無に関係なく、加齢変化として歯並びの乱れは生じてしまいます。

しかしながら、少しでも治療直後の結果を維持するために、リテーナー(後戻り防止装置)を使用します。

当院では成人矯正の後、およそ2年間、リテーナーの使用をお願いしております。

取り外しのできる装置ですので、負担は随分と軽くなるのですが、安易にやめてしまうと、大きく後戻りしてしまいます。

めんどくさいといわず、最後までしっかりと使用しましょう。

塾やお仕事帰りの矯正治療は東大阪のりょうき歯科クリニック

clinic

塾や習いごとで通院が大変なお子様や、お仕事で忙しい方のご要望にお答えするため、平日は22時まで矯正治療担当医が常駐している日を設けております。 また、当クリニックには4名の矯正治療担当医が在籍し、土曜・日曜も矯正治療担当医がおりますので、ご都合に合わせて受診していただくことが可能です。 まずはお悩みやご要望をしっかりと伺ったうえで治療方針をご提案致しますので、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 矯正審美センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:http://www.higashiosaka-kyousei.net/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。