寄り道コラム:映画「繕い裁つ人」から気づかされた、私の仕事観

矯正担当の三川です。
いつも矯正に関する記事を連載しておりますが、たまには違うお話を。

先日、私の地元である兵庫県神戸市を舞台にした映画「繕い裁つ人」を観てきました。

 

神戸

祖母が作った小さな洋裁店を継いだ2代目の市江(いちえ)。

市江は地元の人を大切にし、祖母が作った服を仕立て直す毎日を過ごしていました。
そこへ現れた百貨店職員の藤井。

市江の仕事の素晴らしさに魅了され、どうしても市江の服をブランド化したいと、足しげく市江の仕事場へ足を運びます。

「ブランド化すればたくさんの人に知ってもらえる。」「有名モデルに着せるだけでたくさんの人が着てくれる。」
そう訴える藤井を、市江は「つまらない」と一蹴します。

藤井はブランド化を断られてもなお、市江の店に通い続けます。

そこで藤井は、市江の元へ訪れる昔からの顧客やその子どもたちと、市江との触れ合いを見守ります。

仕立て直しのために、祖母が作ったデザインノートを見ながら、丁寧に丁寧にミシンを踏んでいく市江。
その姿に、藤井はさまざまな影響を受け、また市江も・・・。

続きはぜひ、映画をご覧ください。

花

より多くの人に、より良いものを。

それはとても心地よい響きです。

世の中に出回っているたくさんの「ブランド物の洋服」も、きっと最初は市江のような素晴らしい人が生み出した、素晴らしい洋服だったことでしょう。

素敵な洋服が、よき商売の伴侶を得て、世界へと羽ばたいた結果、たくさんの人が手にできるようになった。

しかし悲しいことに、どんなに素晴らしい洋服であっても、会社が大きくなればなるほど、買い手にはその作り手の顔が見えなくなる。
作り手にはその買い手の顔が見えなくなる。
お互いの愛着も薄くなる。

もし、私が市江なら、やはりブランド化のお話は断ったと思います。

映画の世界を、自分の仕事に置き換えてみて。

矯正歯科医として、私は、今、目の前にいる患者さんを大切にしたい。
地域に根付いた仕事がしたい。

握手

めまぐるしく来院される患者様を、時間に追われながら次々と診て、ふと気がつけば、患者様の名前や顔が思い出せない・・・そんな仕事はしたくない。

この映画を見て、私がどんな仕事をしたかったのか、改めて思い出しました。

より多くの人に、より良いものをなんて、本当は難しいこと、きっと誰もが分かっている。

私はこうしてインターネットを使って、たくさんの人に情報を発信しているけれど、そんなことは、それほど大切なことじゃない。

本当に大切にすべきは、今、通ってくださっている患者さん。

こうやって文章に記せばごくごく当たり前のことですが、新しい環境に慣れることで見失いかけていた、自分の中で大切にしていたことを思い出させてくれたこの映画に、感謝します。

これからもブログの更新は続けますが、一番大切なものを見失わぬよう、気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

総勢80余名の総合歯科医療クリニック

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックです。歯科、小児歯科、矯正、インプラントまで各治療に精通した歯科医師が在籍しています。また元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療で忙しい方でも通院しやすい体制を整えております。是非、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9

・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

You may also like...