何とか自力で歯並びを治したい!!Part3 ~口呼吸②~

Part2で口呼吸が歯並びに与える影響を少しご紹介しました。
本編では、ご家庭でできる口呼吸対策をご説明します。
child_mouthclose_2

まずは、口が開いていることを楽しく認識!折り紙競争

ご家庭で、「口を閉じなさい!」と言っても、なかなか自分で認識するのは難しいものです。
また、ことあるごとに口を閉じなさいと言われるのも、お子さんにとって結構なストレスになります。

ストレスなく口が開いていることを認識してもらうために、折り紙を使ったゲームはいかがでしょうか。

ルールは簡単です。
小さ目(板ガムぐらいの大きさで良いと思います)に切った折り紙を、上下の唇ではさむだけ。
そのままテレビを見てください。
何かの拍子に口から折り紙が落ちてしまったら負けです。

できれば、ご家族の方も一緒に折り紙をくわえて、誰が一番長く折り紙をくわえていられるか、勝負してみてください。
口が開いていることを認識できますし、口を閉じるために必要な筋肉を鍛えることもできます。

また、これはおまけの効果ですが、ちょっと静かな時間がほしい!という時にも、有効かもしれませんね。

もう少し負荷をあげるには、コットンを使いましょう

折り紙に慣れてきて、口を閉じる習慣がついたら、今度はもう少し積極的なトレーニングをしてみましょう。

化粧などで使うコットンを手巻き寿司のように細長く丸めて、上の歯と唇の間の隙間に入れてください。
その状態で、お口を閉じるようにして、テレビを見てください。

折り紙の時よりもつっぱって、より唇の筋肉を意識することができます。

鼻炎のある方は無理をしないでください

いかがでしたでしょうか。

意外と簡単なことですが、普段口を開けているお子さんにとっては、これだけでもよいトレーニングになります。
一度試してみてはいかがでしょうか。

ただし注意点が1つ。

鼻炎のあるお子さん(鼻呼吸が難しい方)は、無理をなさらないでください。
また、繰り返しになりますが、当院では積極的な民間療法を推奨しているわけではございません。

Part1も併せてお読みいただき、考え方をご理解いただければ幸いです。

塾やお仕事帰りの矯正治療は東大阪のりょうき歯科クリニック

clinic

塾や習いごとで通院が大変なお子様や、お仕事で忙しい方のご要望にお答えするため、平日は22時まで矯正治療担当医が常駐している日を設けております。 また、当クリニックには4名の矯正治療担当医が在籍し、土曜・日曜も矯正治療担当医がおりますので、ご都合に合わせて受診していただくことが可能です。 まずはお悩みやご要望をしっかりと伺ったうえで治療方針をご提案致しますので、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 矯正審美センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:http://www.higashiosaka-kyousei.net/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。