摂食・嚥下障害について

訪問歯科診療を行っていて、たまに

「最近食事中よくむせるようになったんです。」とか「口に食べ物を入れたままで飲みこまないんです。」と相談を受けます。

通常、食べ物は口の中→喉→食道→胃へと通過していきますが、何らかの原因でそれがうまくいかなくなることを摂食・嚥下障害といいます。

嚥下

摂食・嚥下障害の主な症状とは

・食事中、食後によくむせる。
・食べ物をお口の中に入れても飲み込まない。
・食べた後も口の中に食べ物が多く残っている。
・食後、ガラガラ声に変わる。
・原因不明の微熱が出る。
などです。

摂食・嚥下障害の治療の流れ

1.問診でまずその人はもともとどんな病気があってどんな薬を飲んでいて、どういう時にどんな問題が起きるのかくわしく聞きます。
次に口の中の状況や舌の動きなどをみます。
そして、先日のブログに書いた30秒間に何回つばを飲み込めるかという簡単な検査(反復唾液嚥下テスト RSST)を行います。
可能であれば、実際に普段と同じように食事しているところを見せてもらうと何が問題なのか分かることが多いです。

2.これで問題がある人には、より精密な検査として嚥下内視鏡検査を行うこともあります。

3.いろいろな診査でその人の摂食・嚥下の状態を評価し、それによって食事形態(例えばミキサー食やペースト食など)を変えたり、食べる姿勢を変えたり、機能が弱っている部位のリハビリを行うなどの治療を行います。

嚥下内視鏡検査とは

内視鏡検査と聞くとみなさんギョッと身構えるかもしれませんが、みなさんの想像よりはしんどくない検査です。
鼻から約3㎜の内視鏡(カメラ)を挿入した状態でゼリーやお粥や普段食べてるものなどを食べてもらいます。それで一番こわいむせない誤嚥(不顕性誤嚥)を見つけたり、その人に適した食事形態を決める判断材料にします。
所要時間は15分から30分程度で、持ち運びができるため普通の家や老人ホームでも検査できます。検査費は医療保険が適用されます。

土日も診療。訪問歯科18年の実績のりょうき歯科

clinic

りょうき歯科クリニックは、訪問歯科診療18年の実績で一生涯おつきあいいただけるクリニックを目指しています。食べること、話すこと、笑うことすべてが口から始まり、その行為は高齢者にとって大きな生きがいとなります。 訪問歯科診療時には、治療に加えコミュニケーションにも重点をおき診療しています。まずはお気軽にお問い合わせください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 訪問センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。