進行してからでは遅い!「虫歯で歯を失うまで」

虫歯は歯を失う原因の第2位です。

ただ、虫歯になったからすぐに抜歯かというとそうではありません。
小さな虫歯から始まる治療の繰り返しによって、結果的に抜歯に至ります。

詰め物の進行

1.小さな詰め物

冷たいものがしみる、歯が黒くなっている等の小さな虫歯であれば削って直接詰める「レジン」と呼ばれる材料を使った小さな詰め物をする場合が多いです。
ただし、あくまで人工の材料、程度の差はあれメンテナンスされていないと詰め物の隙間からさらに大きな虫歯に繋がってしまいます。

2.大きな詰め物

詰め物の際から虫歯が進んだり、歯と歯の間から虫歯ができると、型取りをして詰める「大きな詰め物」で治療する場合が多いです
こうなると治療回数も増えますし、またシミたりズキズキしたりする場合もあります。

3.神経を抜いて被せ物

大きな詰め物からさらに虫歯が広がると、歯がズキズキと痛み出します。

また、小さな虫歯を放置しズキズキ痛みが出てきた場合も同じです。
ズキズキ痛みが出ると、歯の神経を取らなければ痛みが落ち着きません。

その場合は神経を取って被せを行います。そして、歯の周りをグルッと削ったか被せになります。そうなると、元々の歯の部分はほとんど残っていません。

4.抜歯

治療を繰り返した結果、神経をとると、その歯はいくら虫歯になってもいたみません。そうなると被せの周りが虫歯になっても気付かないのです。
そして、被せの際から虫歯が進行し根まで腐ってしまうと抜歯に至ります。

このように、虫歯で歯を失うまでには段階があります。
まずは虫歯にならないことが大切ですが、それぞれの段階でしっかりした治療法と予防法があります。
一生、虫歯知らずの健康な歯で過ごせますように!

総勢80余名の総合歯科医療クリニック

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックです。歯科、小児歯科、矯正、インプラントまで各治療に精通した歯科医師が在籍しています。また元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療で忙しい方でも通院しやすい体制を整えております。是非、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9

・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。