歯周病と全身の健康

前回、歯周病の治療方法についてコラムを書かせ頂きました。

歯周病に関しては早期に発見し、治療を行うことが大切であるということをお伝えさせて頂きました。

今回は「歯周病と全身の健康」に関して書かせて頂きます。

全身状態と歯周病という病気が関連していることを、皆さん知っておられますか?

歯周病 全身疾患

炎症物質が様々な症状を

歯周病はお口の中の病気であり、歯周病細菌によって炎症が生じることで、歯の周りの組織が破壊される病気です。

ここまでは今までのコラムでもお話させて頂いていたことなのですが、実はこの炎症が生じている時には、炎症によって体で作られる物質があります。

 

そしてこの物質が血液を通じて全身をめぐり、様々なところで悪さをすることが最近の研究で解明されてきています。

例えば、この炎症物質によって動脈硬化が促進されたり、糖尿病が悪化されたり、出産時期が早められたり・・・様々なリスクが生じるのです。

以上のように、歯周病は歯がぐらぐらするだけではなく、体にとっても非常に怖い病気なのです。

 

症状が全身の影響を及ぼす前に

全身の健康の為にも、早期に発見し、早期に治療していきましょう!

また同様に、糖尿病のような病気に関しても、炎症時に作られた体内物質が全身をめぐることから、物質がお口に至ることで歯周病を悪化させるということも知られてきています。

 

この場合にはきちんと内科に通って頂き、全身の健康を獲得した上で、お口の健康を獲得していきましょう。

次回は最先端の歯周病治療に関してコラムを書きます。お楽しみに!

Pocket

You may also like...