え?! 私も歯周病?? 歯周病という怖い病気

最近テレビでよく特集されている歯周病。名前はよく聞きますが、どんな病気なのでしょう?

身近に歯周病の方っているのでしょうか?

「痛みもないし大丈夫!」、
「歯周病に効くって宣伝されている歯磨き粉を使用しているから大丈夫!」
「若いし、そんなのなるわけない」・・・そう思っておられませんか?
toothache

多くの方がすでに歯周病に

歯周病とは、現在日本人の人口の約8割の方が罹患しておられると言われる病気です。
つまり、日本人のほとんどの方が歯周病にかかっておられるということになります。
このことを伝えると、「えぇ?!嘘でしょ??」とおっしゃられる方が多いのですが、もう一度この病気について学んでみましょう。

歯周病の症状とは

実際に歯周病にかかると、どうなるのでしょうか?皆さんのイメージとしては

  1. 口臭が出る
  2. 歯がぐらぐらする

といったものが主なものかと思います。もちろん、その症状は歯周病特有の物ではあるのですが、実はこのような状態になった時には、既に歯周病はかなり進んでおり、重度の状態であることが多いのです。
最悪の場合、抜歯となることもあることから、初期の段階での発見が非常に重要です。

歯周病が進行する前にまず検査を

歯周病は恐ろしい病気で、抜歯が必要な段階まで進行しないと痛みが出ないため、私は大丈夫!という意識は危険です。
歯科医院のレントゲンで、皆さんも一度進行する前に検査をしてみて下さい。
また、当医院には歯周病学会認定医も勤務しておりますので、歯周病が気になられる方はご相談下さい。
次回は歯周病治療についてのコラムを記載する予定です。お楽しみに。

Pocket

You may also like...