インプラントのメンテナンス方法とは?正しいお手入れや頻度などをご紹介


「第二の永久歯」「第三の歯」と呼ばれる歯科インプラントの最大のメリットは、天然の歯とほとんど変わらないということです。むし歯や歯周病で歯を失ってしまったら、インプラント以外だと、ブリッジや入れ歯で無くなった歯の部分を補うことがあります。

しかし、ブリッジや入れ歯では、天然の歯と比べると耐久性や審美性などがやや劣ります。インプラントなら、歯を失っても天然に近い歯として使用していただくことができます。

そんなインプラントですが、原則的に保険適用外の治療となるため、治療費が高額になってしまうのがデメリットです。また、治療終了後も、定期的なメンテナンスが必要になります。

せっかく、高いお金と時間をかけて治療した歯も、メンテナンスをせずにいると、最悪の場合インプラントが脱落してしまう可能性があります。そこで今回は、「インプラントのメンテナンス方法」や、「正しいお手入れの仕方」についてご紹介させていただきます。

 

インプラントとは

インプラントとは、噛み合わせや見た目を回復する歯科治療で、むし歯や歯周病などで歯を失った部分の顎の骨に直接、人工の歯根を埋め込む治療法になります。
入れ歯やブリッジなどの治療と違い、周りの歯を削ったりすることが無いので、健康な歯への負担が少ない治療法です。
見た目も自然で、自分の歯と同じように食べ物を噛むことができるので、審美的にも機能的にも優れている治療法になります。

インプラントの構造は、フイクスチャー(人口歯根)・アバットメント(フイクスチャーの上の土台になる部分)・上部構造(歯の部分にあたる人工歯)の主に3つの部品から出来ています。
インプラント治療は外科手術が必要ですが、体に負担がかかってしまうため、全身疾患がある方は治療ができない可能性があります。

また、埋め込んだインプラントと顎の骨がくっつくのを待たないといけないため、治療期間が長くなってしまう傾向にあります。

 

インプラントのメンテナンス方法

インプラントの治療が終了したら、定期的なメンテナンスが必要になります。インプラントは人工歯なので虫歯になることはありませんが、インプラントを埋めた部分のケアが不十分だと、インプラント周囲炎(歯周病)にかかってしまうことがあります。

インプラント周囲炎とは、インプラントの歯周病の事で、インプラントとその周辺の組織が歯周病に感染してしまった状態のことを言います。インプラント周囲炎は、口腔内が不衛生な状態となって歯周病菌が増えることで引き起こされます。

天然の歯に比べてインプラントは抵抗力が低いため、一度、歯周病菌に感染すると骨の吸収が急速に進行してしまいます。気づいたときにはかなり進行してしまっているケースも多いため、インプラント治療が終わった後も、日ごろのメンテナンスがとても重要です。

また、インプラント周囲炎は糖尿病などの全身的な病気や、喫煙などによる生活習慣とも関係しています。

普段のセルフケアが大切なのはもちろんのことですが、歯科医院での定期的なメンテナンスも大切です。インプラント周囲炎がひどくなると、インプラントが長持ちしないなんてことになりかねません。インプラント周囲炎になる前に、定期的なメンテナンスとセルフケアで予防をこころがけることが大切です。

 

インプラントの正しいお手入れの仕方

インプラント治療後は、歯科医院でのプロフェッショナルケアと自分で行うセルフケアがとても大切になります。

歯科医院での定期的なメンテナンスは、3か月ぐらいの間隔を空けて受けるのがおすすめです。インプラントの定着状態や咬み合わせなどのチェック、天然歯のクリーニングなどが行われます。

セルフケアでは、術後のインプラントをケアするために、一般の歯ブラシに比べて非常に柔らかい毛の歯ブラシがあります。また、タフト型の歯ブラシも欠かせないケアグッズです。

歯を磨く順番を決めて歯磨きし、デンタルフロスや歯間ブラシと言った細かなすき間をケアする補助道具などを活用して、しっかりとお口の中のケアをすることが大切です。

 

まとめ

「第二の永久歯」「第三の歯」と呼ばれる歯科インプラントですが、メリットばかりではありません。天然の歯に比べて、インプラント周囲炎になってしまうと急速に骨の吸収が進んでしまうため、治療が終了した後も定期的なメンテナンスがとても大切です。

りょうき歯科クリニックでは、当院でインプラント治療を受けられた患者さんが、将来、加齢により、通院が難しい状態になった場合にでも、訪問歯科診療で歯科医師・歯科衛生士がご自宅等にお伺いし、引き続き口腔ケアを行いますので、インプラント治療をした後も長年にわたって、お口のメンテナンスが出来て安心です。

メンテナンスについてご相談ございましたら、りょうき歯科クリニックへぜひご来院ください。

Pocket

あわせて読みたい