【東大阪発】インプラント治療の前に!なぜその歯を失ったのか知っていますか?

 

インプラント治療前に知っておくべきこと

 

歯を失ってしまい、どの治療方法を選択すべきか、お悩み方は多いのではないでしょうか?

歯を失った場合の治療法として、主にインプラント・ブリッジ・義歯(入れ歯)の3つがあげられます。

それぞれにメリットやデメリットがありますが、治療後に問題を抱えないためにも、治療法を選ぶときには「何が原因で歯を失ったのか」を知ることが必要です。

特にインプラント手術をするにあたって、とても重要になります。

歯を失って困っている人

歯を失う原因は主に3つあります

 

歯を失う原因として、主に次の3つの原因があげられます。

①むし歯

②歯周病(歯槽膿漏)

③咬合力(噛む力)

 

歯を失う主な原因は、「虫歯」「歯周病」「咬合力」の3つがあり、これらのうちの一つあるいは複数が原因となって歯を失っていく方がほとんどです。

 

① 虫歯が原因で歯を失う

 

むし歯が原因

一般的に歯は奥歯から失われる傾向にあります。特に前から数えて6番目の歯、6歳ごろに生えてくる6歳臼歯は虫歯になりやすいです。

これは奥歯の形が複雑であり、噛み合わせ面の溝の部分に食べ物のかけら(歯垢)が溜まりやすく磨き残しがあることによって、そこから虫歯になっていきます。

虫歯の範囲が大きく、歯の根元の方まで拡がった虫歯を取ってしまうと、歯そのものがなくなってしまうような場合は抜歯することがあります。

 

 

 

② 歯周病が原因で歯を失う

 

歯周病が原因

歯周病は虫歯と違い、痛みが出にくいので、気がつかない間にどんどん進行している場合があります。

歯石や歯垢がたまっていくと歯肉が赤くはれて、歯磨きの時に出血もでてきます。

だんだんと歯周病が進行してくると歯肉の腫れが大きくなり、骨が溶け、口臭や出血がでてきます。歯が支えられなくなり、最終的には歯を失ってしまいます。

 

 

 

③ 咬合力が原因で歯を失う

 

咬合力が原因

歯を失う原因には咬む力、「咬合力」も関わってきます。

特に夜中の歯ぎしりや噛み締める癖のある方は要注意です。

 

 

 

 

日本は先進諸国の中では歯科に対する予防意識が低いとは言われていますが、「むし歯」や「歯周病」に関する知識は着実に一般にも浸透してきているのは確かで、そのせいもあってか定期検診を受診される患者様も年々増えてきているように思います。

 

しかしながら真面目にブラッシングをして定期検診にも通っていただいているにもかかわらず、じわりじわりと歯を失っていかれる方がおられるのも事実でそんな方は少なからず「咬合力」が関与しているように思います。

 

歯を失った原因がトラブルを引き起こす?

 

歯を失う主な原因は「虫歯」「歯周病」「咬合力」ですが、歯を失った原因によって、インプラントを入れた後に起こりうるトラブルが考えられます。

 

◆歯周病が原因で歯を失った場合のインプラント治療後のトラブル

歯周病にて歯を失った方の場合、インプラント治療後もインプラント周囲に歯槽膿漏のような状態がおこるいわいる「インプラント周囲炎」に罹りやすいと言われています。

インプラント周囲炎は主に毎日のブラッシングが上手く出来ていなかったり、歯科医院で定期的にメインテナンスを受けていないことが原因で、インプラントの周りの歯ぐきがだんだんと炎症し周囲炎を引き起こします。

つまり、元の歯がうまく磨けず、歯周病になってしまった結果に抜歯をされていた方に関しては、同様の結果になられる可能性も存在していることになります。

 

◆咬合力が原因で歯を失った場合のインプラント治療後のトラブル

また咬合力によって歯を失った方の場合、インプラント治療後もインプラントの被せが壊れたりするリスクは高いといえるでしょう。

インプラントはチタンという金属でできています。チタンは骨と相性が良いという特徴があり、インプラント(人工歯根)と骨が馴染みます。しかし、天然の歯は歯根膜というクッションの役割を果たす膜がありますが、インプラントには歯根膜がありませんので、咬む力がインプラントから骨へとダイレクトに伝わります。このため、咬む力が強すぎることにより、インプラントの被せが破損してしまうということが考えられます。

このように歯を失った原因を知ることによって、治療計画を工夫し治療後に予測されるトラブルを未然に防ぐ事が大事なのです。

 

歯のトラブル

 

トラブルを回避するためにはどうする?

 

インプラント治療の前に何が原因で歯を失ったのかその原因を知ることが、インプラント治療ではとても重要です。

インプラントについての正しい認識をもっていなければ、術後のトラブルが起こりやすくなります。

当医院ではしっかりとした治療を行うため、カウンセリングで患者さんに過去の歯科治療歴などのお口の情報を丁寧にお伺いし、何が原因で歯を失ったか診断をしたうえで治療計画を立てます。

そして、歯周病の徹底的な治療を行い、口腔内の環境を整えた上でインプラントの治療を行っています。

期間はかかりますが、その方が良好な結果を生み出します。また、逆に無理に歯を残し、感染が続いてしまうと、顎の骨が異常に溶けてしまい、インプラント治療が困難になるケースもありますので、しっかりとした診断を受けて頂くことがおすすめです。

 

当院へご相談にお越しください

インプラント治療をする前には、まずご自身がなぜ歯を失ったか原因を探ることが必要です。

歯を失った原因を知ることで、インプラント治療後もお口のトラブルを回避し、良い状態で長くしっかりと噛めることができるのです。

当院では、インプラントを入れた後も安心して末永く快適に使用して頂けるよう、歯科医師と歯科衛生士がしっかりとサポート致します。

当医院にはインプラント専門医がおりますので、ご相談だけでも構いませんので、お気軽にお尋ね下さい。

また、夜の診療、土曜・日曜の診療も対応しておりますので、お忙しい方も通いやすいかと思います。

院長・スタッフ共々お待ちしております。
インプラント治療に関する詳細はコチラから

 

最終更新日:2020/10/23

(公開日:2015/5/6 | 著者:米田晋也 )

 

医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック

住所:大阪府東大阪市森河内西1-16-3

予約:06-6781-4181

診療時間:月・火・水・木・金・土/9:30~22:00

日 /9:30~18:30

休診日:祝日

アクセス:

最寄り駅|地下鉄中央線 高井田駅 徒歩10分

JR学研都市線 放出駅  徒歩10分

最寄りバス停|近鉄バス 南森河内 徒歩1分

車:駐車場(19台完備)をご利用頂けます。

 

 

Pocket

あわせて読みたい