3歳から始める矯正治療~ムーシールド~

矯正治療は一般的に6歳臼歯が生える頃、
小学校低学年の頃から開始する場合が多いのですが、特定の場合のみ、早めに治療を開始します。
それは、受け口です。
child_tooth

受け口とは、前歯のかみ合わせが反対のこと

通常、しっかりとかんだ状態では、上の前歯が下の前歯よりも手前にあり、
上の前歯が下の前歯を少し覆っています。

ところが、下の前歯の方が、上の前歯よりも前に出てしまい、
前歯のかみ合わせが反対になっている場合があります。

そのような状態を「受け口」と言います。

乳歯の歯並びが受け口の場合、自然と治る可能性は低いとされています。

大人になってからの受け口治療は大変!

受け口に関する治療方法はさまざまであり、矯正医によって考え方が異なります。

大人になるまでは矯正治療をせず、
成長を終えてから本格的に治療を開始した方が良いとする考え方もあります。

しかしながら、成人まで待ってしまうと、
あごの成長量が大きい場合には、あごの骨を切って矯正を行う「外科的矯正治療」の適応となる場合もあります。

当院では、少しでも楽な方法で、幼少期に受け口の改善ができることを願って、
ムーシールドという装置を使用しております。

毎日お家ではめるだけの簡単治療です

ムーシールドは、特殊な形をしたマウスピースのようなものをはめるだけの、簡単な治療です。

装置は歯に直接作用するものではなく、口周りの筋肉にアプローチしていきます。

筋肉のバランスを整えることで、
正しい歯の位置、あごの位置へと誘導する装置になります。

適切な年齢は、3歳から6歳くらいまで。

治療開始がその時期を過ぎてしまうと、治療は次の段階へと進んでしまいます。

文章を読んでも、なかなかイメージしづらいかと存じます。
お子さんの歯並びでお悩みがございましたら、一度矯正相談へお越しください。

矯正歯科の治療に関する詳細はコチラから

マウスピース矯正(インビザライン)の治療に関する詳細はコチラ

お子様の歯ならびが気になる方はお気軽にご相談ください。

clinic

お子様の歯ならびが気になる?このまま放っておいて大丈夫?と心配の方はりょうき歯科クリニックでご相談ください。当院は矯正歯科医師4名在籍。インフォームドコンセントを重視し、しっかりとした説明と同意のもと治療を行っております。土・日・祝日も診療。平日は22時まで診療している日もございますので、ご都合に合わせて治療が可能です。まずはお気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 矯正審美センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9 
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:http://www.higashiosaka-kyousei.net/

Pocket

You may also like...