矯正治療の期間~2年で終わるってホント?~

「矯正ってどのぐらいの期間かかりますか?」「だいたい2年ぐらいですよね?」
ほぼ必ず皆様に聞かれるこの質問。
実はお答えするのがとても難しいご質問です。
tooth_correction_description

成人の矯正期間は一般的に2年ぐらい?

よく言われる「矯正治療は2年ぐらい」という期間を信じて矯正治療を開始することは、あまりおすすめできません。
歯並びの状態や開始年齢などさまざまな条件によって、治療期間は大きく異なります。

また、「矯正治療」の定義によっても、期間は変わってきます。

成人矯正の場合、おおよそ2年の間、個々の歯に矯正器具を着けて歯を動かします。
「つけっぱなしの矯正器具を着けている期間」が2年ぐらいということです。
(これもかなり個人差があり、一概には言えません。)

しかしながら、それで通院が終わりかというと、そうではありません。
つけっぱなしの器具を外した後も、通院を続けなければなりません。

この期間を保定期間といいます。
当院では、保定期間を約2年と設定しています。
(保定の詳しい説明はまたいつか別の記事でご説明いたします。)

つまり、つけっぱなしの装置が2年、保定期間が2年ですので、4年間はかかるということになります。
一般的に言われる「矯正治療は2年ぐらい」という言葉には、おそらく保定期間が含まれていません。

子どもの矯正だと、もっと期間がかかります

お子様の矯正は、あごの骨の成長や、歯の生え変わりを観察しながらの治療となります。

矯正治療を開始した時には生えていなかった大人の歯が、矯正途中で生えてくるわけですから、その状態に応じて矯正治療の方針が変わります。

最初は1年や2年で終わりそうだと思っていても、新しい問題が出てくると、追加の装置が必要になる場合などは少なくありません。

もちろん、そういった新しい問題を予測するために、矯正医はさまざまな資料を分析し、予測を立てます。
あらかじめ予測できる問題点に関しては、診断時にご説明いたします。

期間について、しっかりと説明してもらえる矯正医をおすすめします

矯正治療は、とても長い期間にわたるものです。

最初にしっかりと説明を聞いていただき、ご納得いただいた上で治療を開始することが、患者様や親御さんにとって良い治療結果を生むと私は考えています。

中には、非常に短い治療期間を提示される医院もあるかもしれません。

それは患者様にとってとても魅力的な期間ですが、なぜ、そんなに早く終わるのか?
また、その期間の中に含まれているのはどの治療なのか?など、しっかりと確認しておく方が良いと考えます。

期間について、しっかりと説明してくれる歯科医院で、納得して矯正治療を受けられることをおすすめいたします。

お子様の歯ならびが気になる方はお気軽にご相談ください。

clinic

お子様の歯ならびが気になる?このまま放っておいて大丈夫?と心配の方はりょうき歯科クリニックでご相談ください。当院は矯正歯科医師4名在籍。インフォームドコンセントを重視し、しっかりとした説明と同意のもと治療を行っております。土・日・祝日も診療。平日は22時まで診療している日もございますので、ご都合に合わせて治療が可能です。まずはお気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック 矯正審美センター | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9 
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:http://www.higashiosaka-kyousei.net/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。