気付かない間に進んでいる!虫歯の進行について

虫歯の進行程度によって痛み方は変わってきます。

ズキッと痛みが走った時にどの辺りまで進行しているかの一つの目安になるお話を今回はさせていただきます。

前回お話しさせていただいた歯の構造で、エナメル質—象牙質—歯髄において、どこまで虫歯が進行してしまったかによって虫歯は分類されます。

一つ一つ見て行きましょう。

 

脱灰(初期齲蝕)【C0】:歯の表面が白っぽくなってしまう状態です。

エナメル質のごく表面が虫歯菌のさんによって少し溶かされ、もろくなってしまうことで起こります。

痛みを感じることはほとんどありません。

唾液や歯磨き粉の中に含まれているフッ素の作用で再石灰化が起こり元の健康的な状態に戻る虫歯です。

c0

 

エナメル質齲蝕【C1】:エナメル質のみの虫歯です。

痛みはほとんど出ることはありませんが、実質的に穴が空いているので治療が必要になります。

放置しておいて元に戻ることはありません。

この場合、樹脂の詰め物で対応できる時が多いです。

c1

 

象牙質齲蝕【C2】:虫歯菌が象牙質まで進行した虫歯です。

この頃になると痛みが出てきます。冷たいものがしみたりすることが多いです。

虫歯の大きさによって、樹脂の詰め物、もしくは型取りを行って作る詰め物をするようになる事が多いです。

c2

 

歯髄まで達する齲蝕【C3】:象牙質から更に歯髄(神経)まで進行した虫歯です。

神経に虫歯が及ぶと何もしなくてもズキズキと痛みが出てきます。

冷たいものでは痛みが落ち着き、温かいもので痛みが増すことがよく有ります。

ここまで虫歯が進行すると神経を抜く処置が必要となります。

最終的には歯をぐるっと覆ってあげる被せ物を被せてあげることが多いです。

c3

 

残根【C4】:虫歯が進行し、歯の頭の部分が崩壊してしまった状態です。

この状態では神経は完全に死んでしまい、歯自体の痛みはなくなります。

ただし、この状態をずっと放置しておくと根の中に細菌が進行し根の先に膿の塊を作ってしまいます。

また新たな痛みがズキズキとしてきます。痛みが出る前に早く治療を行いましょう。

この状態になると歯を残すのが難しくなり、抜歯を行うことが多くなります。

c4

 

痛みが出てきた時点でほとんど場合虫歯は象牙質まで進行しています。

こうなると、大きく歯を削って治療を行わないといけなくなります。

出来る限り初期の虫歯の間に発見をし、出来る限り歯を削る量が少ない状態で処置することが大切です。

 

そのためにも定期検診は必ず受診するようにしましょう!!

 

 

総勢80余名の総合歯科医療クリニック

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックです。歯科、小児歯科、矯正、インプラントまで各治療に精通した歯科医師が在籍しています。また元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療で忙しい方でも通院しやすい体制を整えております。是非、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9

・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。