インプラントも歯周病になるの?!

 

これまでにコラムを書かせて頂いたように、歯周病は非常に恐ろしい病気で、病状がどんどん進行していくと、感染源となった歯を抜かないといけなくなってしまいます。

これまでは、歯を失った場合の治療法として、入れ歯やブリッジといった治療方法がありましたが、インプラントという治療方が確立されたことで、歯を失っても新たに人工の歯を作ることができるようになりました。

インプラントに関してはこれまでに様々な研究が成されており、非常に長期わたって安定するということが言われています。

では、実際には一生もつのでしょうか?

全国平均のインプラントの10年後生存率は、約95%といわれています。

インプラントはあくまでも人工物です。ご自身の歯のように虫歯にはなりませんが、適切なメンテナンスを怠るとインプラントの周りの歯肉は歯周病のような状態(インプラント周囲炎)になってしまうということが報告されてきています。

インプラント

 

インプラントは歯周病のコントロールが大切

失われた歯を取り戻す治療、それがインプラントですが、埋入した歯が維持できるかは患者さんに自身にかかっています。

つまり、元の歯がうまく磨けずに歯周病になり、歯を失ってしまった結果、インプラントをした方に関しては、将来、同様の結果になってしまう可能性も存在していることになります。

当医院ではしっかりとした治療を行うため、まずは歯周病の徹底的な治療を行い、その上でインプラントの治療を行っています。
期間はかかりますが、その方が良好な結果を生み出します。また、逆に無理に歯を残し、感染が続いてしまうと、顎の骨が異常に溶けてしまい、インプラント治療が困難になるケースもありますので、しっかりとした診断を受けて頂くことも大切かと思います。

 

インプラント治療後のメンテナンスは重要

インプラント治療後はメンテナンスが必要となります。メンテナンスとは、患者さん自身による適切なセルフケアと歯科医師や歯科衛生士による定期的な検診です。

当院のメンテナンス

メンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)など様々な問題が起こり、口の中を清潔な状態に保つことによってインプラントと残っている歯の寿命を伸ばすことにつながります。

インプラント自体は虫歯になりませんが、インプラント周囲の粘膜に炎症が起こると「インプラント周囲粘膜炎」、それが進行すると、インプラントを支える骨が溶ける「インプラント周囲炎」になります。

インプラント周囲炎とは、簡単に言うとインプラントの歯周病です。インプラントを支える顎の骨が溶けている状態です。インプラント周囲炎の原因はプラーク(歯垢)に含まれる細菌です。プラークはブラッシングで除去できますが、磨き残しがあると細菌は増殖し、インプラント周囲の粘膜に炎症を起こします。

また、インプラントを維持している組織は、天然歯よりも歯周病菌に感染しやすく進行しやすいというといわれています。しかもインプラント周囲炎は痛みなどの自覚症状がないまま進行しやすいのです。

インプラント周囲炎になってしまった場合、インプラント周りの歯茎が下がり、インプラントの土台(フィクスチャー(ネジ))が見えてしまうこともあります。
インプラント周囲炎は歯周病に比べて、治療が困難なケースが少なくありません。治療しても改善しないケース、あるいは骨の吸収が進行して治療による改善が期待できないケースでは、インプラントを抜かなくてはなりません。インプラントを外した場合は、1サイズ大きなインプラントを埋入し直すか、骨を増やすお薬を入れて期間をおいてから、再度インプラントを埋入します。

このような状態にならないためにも、適切なセルフケアと定期的なクリーニングでプラークを除去することにより、インプラント周囲炎を予防することができます。

インプラントの健康な状態を長く維持させるためには、適切なセルフケアを行い、定期検診を受け、インプラント周囲炎を予防し、リスクを減らすことが必須です。

当診療所では年間100本のインプラント手術を行っています。当院にはインプラントの専門歯科医が在籍しています。また、定期検診に来て頂くことを条件に、5年間の保証期間を設けております。

上記にご説明させていただいたようにインプラントがダメになる理由のほとんどがインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎になってしまってからでは手遅れになりますので、定期検診にはお越し頂けるようお願いしております。

ぜひ当クリニックに一度ご相談ください。

 

 

インプラントはこちら

 

最終更新日:2021/2/12

(公開日:2015/5/13)

Pocket

You may also like...