メタルコアとファイバーコアの違い

前回は、前歯の差し歯の違いについてお話ししました。

差し歯をする場合、土台を立てることになりますが、この土台の選択は歯の寿命に大きく影響します。
そこで今回は、「保険治療のメタルコア」と「自費治療のファイバーコア」との違いについてご説明したいと思います。

core

神経のないは歯は枯れた木?

当院でメタルコアの使用を現在行っていない最大の理由は、メタルコアを装着する事で『歯が割れてしまう可能性が高くなる』からです。

core2

差し歯になる歯は、神経のない歯である場合が多いのですが、神経のない歯は“枯れた木”にたとえられます。

神経のない歯にメタルコアを装着することを例えると、
“枯れた木”の真ん中に『金属のクイ』を打ち付けるようなものです。

つまり、『薪を斧で割る』ようなものです。

当然割れそうですよね...

歯根が割れてしまうと、保存することが困難となり、抜歯の可能性が非常に高くなります。

ファイバーコアはどう違うの?

一方ファイバーコアは、細いグラスファイバー繊維を幾重にも縒り固めた構造で、適度なしなやかさがあり、応力を分散させやすい歯に優しい材質です。

金属を一切使用しないメタルフリー材質のため、金属アレルギーの心配もありません。

さらに審美的にも良好で、装着する事でベースが金属色ではない事から、歯が明るく白く見えます。

神経のない歯は脆く、通常の噛む力でも割れてしまうことがあります。

そして、歯の根が割れた場合には、抜歯しなければならないことがほとんどなので、
このような治療法は大変有効です。

最適な治療法とは?

基本的には、神経を取らないことが大切ですが、虫歯の深さ等で、どうしても神経を取らなければならない場合があります。
これはしかたがないことです。

大切なのは、その後の治療方法です。

当院では、少しでも歯が長持ちする治療法を提案していけたらと思っております。

総勢80余名の総合歯科医療クリニック

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックです。歯科、小児歯科、矯正、インプラントまで各治療に精通した歯科医師が在籍しています。また元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療で忙しい方でも通院しやすい体制を整えております。是非、お気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9

・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。