1ランク上の「はみがき」を!(その②)歯磨きの仕方

毎日ちゃんと磨いても、虫歯になってしまうことがよくあります。

それは、ご自身の歯に合わせた適切なケアができていないからかもしれません。

今回は具体的な「はみがき」の仕方についてお話していきます。

歯みがき女性

まずは歯ブラシのサイズ

歯ブラシは口のサイズに合わせたものを選んでください。

大きいものだと一気に磨けた気になりますが、細かいところはなかなか磨けていません。

逆に小さすぎても磨く時間が長くかかりすぎてしまいます。

平均的なサイズのもので十分ですので、正しく磨きましょう。

 

適切なはみがき粉の量は?

はみがき粉は多くつけすぎずに磨きましょう。

口の中が泡だらけになっても毛先がしっかりあたっていなければ汚れは取れません。

市販のものにはほとんど入っていますが、フッ素入りのものが効果的です。

 

効果的なブラッシング方法

実際のブラッシング方法について、鉛筆持ちで力をあまり入れないようにしましょう。

長いストロークよりは短いストローク(2歯分ぐらい)で小刻みに歯ブラシを動かして1本1本磨くつもりで行ってください。

ここでのポイントは、磨く順番を決めるということです。

「頬側を左奥から右奥へ、舌側を右奥から左奥へ、噛み合わせの面を左奥から右奥へ、、、、」というように、磨き残した歯が無いように習慣づけるようにしましょう。

 

補助用具でスミズミまできれいに

「はみがき」の習慣が完全にできたら、次は歯ブラシだけでなく、補助用具を使いましょう。

例えば、歯間ブラシやフロス、糸ようじです。

 

フロス,糸ようじ

糸巻タイプのフロス(右)、ホルダータイプのフロス(左)

 

これらは歯と歯の汚れを綺麗に取り除くための道具です。

歯には厚みがありますから、どうしても歯ブラシの毛先は歯と歯の間へ届きません。

しかも汚れはネバネバとして歯にこびりついているので、うがいだけでは決して取れません。

ものでこすり落としてあげないといけないのです。

 

歯間ブラシは歯の隙間が開いている方やブリッジをお口の中に入れている方に適しています。

ブラシの先を曲げてしっかり奥歯の間まで通してください。

フロスや糸ようじは歯の間が狭い方に適しています。

フロスはコストパフォーマンスは良いですが、使い方には少し慣れが必要になります。

 

現在全く補助用具を使っていない方は、糸ようじから始めてみるのが良いかもしれません。

奥歯に届きやすいタイプのものも出ています。

補助用具は毎回行うのが難しければ、1日1回を目標にしましょう。
夜の歯ブラシの時で良いのでしっかりと歯と歯の間も綺麗にして眠りましょう。
慣れれば1分もかからず歯の間を磨けますよ。

歯がしみる、口臭があるなどお口のお悩みは当院にご相談ください。

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックとして、虫歯の無い歯を保つための予防にも力を入れています。予防歯科、歯周病にも精通した歯科医師も在籍しております。当院は元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療しておりますので、お口のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。