【ママ必見】大人の虫歯は子どもにうつる?感染予防や注意点について

虫歯予防

歯科医療の役割が「治療」から「予防」に変わってきました。

しかし「予防」するためには原因がはっきり分かっていなければなりません。

原因は皆さんよくご存知のプラーク(歯垢)です。

今ではこのプラーク(歯垢)を的確に、そしてより合理的に取り去るための器具やテクニックが考案されています。

歯科医院でのプロフェッショナルケアと正しい歯磨き指導で治療に比べ少ない費用と時間でお口の健康を維持することができるのです。

虫歯は感染する?

赤ちゃんの口の中にはいないことが確認されています。

家族同士など、同じスプーンを使って食事をしたりするとミュータンス菌に感染しやすくなります。

また、治していない虫歯があると余計にミュータンス菌が増加しますので、早めに治しましょう。

お父さん、お母さんのお口の中を綺麗にすることにより、お子さんの虫歯の数が減ったという報告もあります。

親子ともに虫歯のリスク判定の検査を受診し、その結果に基づいて歯科医院で食生活やブラッシングの指導を受けプラークコントロールをしましょう。

またお子さんにおける注意点については『子供の虫歯は白くても進行している場合あり!見分け方や対処法を解説』でも解説しています。

子供の虫歯は白くても進行している場合あり!見分け方や対処法を解説

Pocket

りょうき歯科

東大阪市のりょうき歯科クリニックです。当院は地域に密着した歯科医院でありながら、インプラント専門医や歯周病認定医、矯正医、口腔外科医による専門性の高い治療を備えた多機能型歯科クリニックです。また、高齢者や障がいをお持ちの方に歯科診療を受診していただくための訪問歯科診療を実施。小さなお子さんから介護が必要な方まで、患者さんのお口の健康を生涯支えるパートナーとなるべく、さまざまな情報をブログで発信しています!

You may also like...