妊婦さんお腹のお子さんの為にも~歯科検診の受診を忘れずに~

新しい命が宿り、我が子がお腹の中で成長していく様子は、嬉しい気持ちでいっぱいですよね。

それと同時に、妊娠中は心も体もとても変化していきます。もちろん、お口の中にも変化が現れます。

唾液が減って虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまったり、つわりによるお口の中のお手入れ不足などで口の中がすっきりしない期間があります…。

万全の態勢で、赤ちゃんを迎えるために、多くの自治体で、妊婦さんの歯科検診を推奨しています。

健康なマタニティーライフを送る為にも、お口の健康も決して無視できないものですよ。

妊婦と歯周病

 

1、妊娠中のお口の中に表れる変化

妊娠中は虫歯ができやすい環境になることが多いです。

ホルモンのバランスが大きく変化し、唾液が減ることが背景にあり、歯垢がつきやすくなります。

また、普段出来ていたお口のお手入れもつわりで、十分に出来ない時期が続くだけでなく、食べづわりの場合は間食・食事の回数が増えてしまう人もいます。

その他、歯茎にもトラブルが…。

「妊娠前より歯磨きの時に出血しやすくなった。」妊婦さんなら経験したことがある人は多いと思います。

現に私も、普段歯磨きをしていて、出血することはほとんどなかったはずなのに、妊婦の時はなぜか出血しやすい歯茎になってしまいました。

つわりによる歯磨き不足に加え、女性ホルモンが増える事で歯周病の原因菌が増え、歯茎の炎症が起きやすくなるからです。

 

2、妊娠性エプーリス

まれに、妊娠中に歯茎に赤みを帯びたコブのようなものができます。

3ヵ月頃に見られることが多いです。原因は、妊娠中の女性ホルモンの影響だと考えられていて、出産後に小さくなり、自然消滅するケースがほとんどです。

歯茎にこのような症状が見られた場合は、一度歯科医院にご相談くださいね。

 

3、歯周病

重度の歯周病は早産の原因になることをご存知でしょうか?

1996年、アメリカで、「早産の危険因子の1つ」という研究報告が発表されました。

(そうでは無いという報告もあるようなのですが…)

お母さんからのたくさんの血液が、お腹にいる赤ちゃんに送り込まれます。

重度の歯周病に患っているお母さんの場合、歯茎の炎症によって、炎症物質が血液内に増えて、子宮の収縮を促してしまう事があるのです。これが早産に繋がってしまうのです。

歯周病と早産

歯周病を患っているお母さんが早産になるリスクは、患っていない人の7.5倍とも言われています。

その他の早産の原因に挙げられるタバコやアルコールよりもはるかに高い数字なのです。

 

4、まとめ

妊娠中は心も体も大きく変化していきます。お口の中の変化についても見逃せません。

安心して、出産・育児を迎える為にも虫歯や歯周病などのトラブルがある人は早めの歯科治療をお勧めします。

妊婦さんであっても、体調が良いなら治療も可能ですので、ぜひご相談くださいね。ただし、その際は「妊娠中である」事を必ずお伝えくださいね。

歯がしみる、口臭があるなどお口のお悩みは当院にご相談ください。

clinic

りょうき歯科クリニックはスタッフ総勢80余名の総合歯科医療クリニックとして、虫歯の無い歯を保つための予防にも力を入れています。予防歯科、歯周病にも精通した歯科医師も在籍しております。当院は元日を除く年間364日、月~土は22時までの診療しておりますので、お口のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。


医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック | 大阪府東大阪市森河内東1-29-9
・電話番号:☎06-6781-4181 ・HP:https://www.ryouki4181.com/

Pocket

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。