load

厚生労働省指定臨床研修医療機関 医療法人 誠仁会 りょうき歯科クリニック

ホワイトニング WHITENING

歯を削らずにあなた自身の歯を白くします

今まで歯を白くするには、歯を削ってプラスチックやセラミックで覆い、変色を隠す方法しかありませんでした。
ホワイトニングは、そういった人工的な材料を使わずにあなた自身の歯を白くする、従来の方法とはまったく違う発想の新しい治療法です。

当院では、2種類のホワイトニングに対応しております。

歯を削らずに白くする

ホワイトニングは、自然の歯の白さにこだわった治療法です。
ホワイトニングは、歯を削らずにほとんどの歯を白くします。
「ホワイトニング」は、歯科医院での処置が短いが、効果が出るまでに時間がかかります。
「ピュアホワイトニング」は、歯科医院での処置が長いが、効果がすぐに現れます。
ご要望をお聞きした上で、患者さんに最適なホワイトニング方法を選択頂きます。

ホワイトニングについて

ホワイトニングの利点と欠点

利点
  • 薬剤の刺激が少ない
  • 歯科医院での時間が短い
  • 白くなりにくい歯でも、長く使用することで白くできる可能性がある
  • 後戻りが少ない(2年ぐらいで後戻りします)
欠点
  • 効果が現れるのに時間がかかる(約2週間~1ヶ月)
  • 人によっては、マウスピース装着に違和感を感じる
  • 毎日、約2時間装着しなければならないので、続けるのに根気が必要
  • 薬剤の刺激でしみることもある

ホワイトニングの流れ

りょうき歯科で行うこと

流れ1

STEP01.

歯科衛生士による検査・カウンセリングを行います。
時間をかけ、質問にお答えしご納得頂いてから行います。

下矢印

流れ2

STEP02.

ホワイトニング効果を高める為にお口の中のクリーニングを行います。
クリーニング終了後、ホワイトニング前の歯の写真をお撮りします。

下矢印

流れ3

STEP03.

患者さん一人ひとり専用のマウスピース作製の為に歯の型をお取りします。

ご自宅で行って頂くこと

流れ1

STEP01.

ホワイトニングジェルをマウストレーに注入します。

下矢印

流れ2

STEP02.

鏡を見ながらマウスピースを装着します。

下矢印

流れ3

STEP03.

ホワイトニングジェルがトレーからはみ出た場合は、綿棒等でふき取って下さい。

下矢印

流れ4

STEP04.

時間が来たらマウスピースを外してブラッシングして下さい。マウスピースも洗って水中で保存して下さい。

ピュアホワイトニングについて

ピュアホワイトニングの利点と欠点

利点
  • 効果がすぐに現れる
  • 白くなりにくい歯でも、長く使用することで白くできる可能性がある
  • 後戻りが少ない(2年ぐらいで後戻りします)
欠点
  • 歯科医院での処置時間が長い
  • 人によっては、マウスピース装着に違和感を感じる
  • 毎日、約2時間装着しなければならないので、続けるのに根気が必要
  • 薬剤の刺激でしみることがある

ピュアホワイトニングの流れ

りょうき歯科で行うこと

流れ1

STEP01.

歯科衛生士による検査・カウンセリングを行います。
時間をかけ、質問にお答えしご納得頂いてから行います。

下矢印

流れ2

STEP02.

ホワイトニング効果を高める為にお口の中のクリーニングを行います。
クリーニング終了後、ホワイトニング前の歯の写真をお撮りします。

下矢印

流れ3

STEP03.

歯ぐきを保護する青い材料を塗ります。その後、薬液を塗り、時間を置きます。
(約15分×2回)
※薬液の塗る回数・時間に個人差があります。

下矢印

流れ4

STEP04.

最後にどのくらい白くなったかを確認し、写真を撮ります。
※処置後数日はしみますが、個人差があります。

りょうき歯科での初回治療は以上です。
その後、通常のホワイトニングと同じく、マウスピースを作製し薬液をお渡しします。

ご自宅で行って頂くこと

流れ1

STEP01.

ホワイトニングジェルをマウストレーに注入します。

下矢印

流れ2

STEP02.

鏡を見ながらマウスピースを装着します。

下矢印

流れ3

STEP03.

ホワイトニングジェルがトレーからはみ出た場合は、綿棒等でふき取って下さい。

下矢印

流れ4

STEP04.

時間が来たらマウスピースを外してブラッシングして下さい。マウスピースも洗って水中で保存して下さい。

ホワイトニング治療中の注意

  • トレーを装着中の飲食はお控え下さい。
  • 薬剤はトレーの液溜まりからあふれない量を入れて下さい。(米粒程度)
  • 着色しやすいもの(タバコ・コーヒー・ワインなど)はできるだけお控え下さい。
  • 歯ぐきに違和感がでる場合があります。
  • 歯がしみるなどの症状がございましたら、担当衛生士もしくは、担当歯科医師にお知らせ下さい。
  • 白さを長く保つために、定期的なクリーニングの実施をお勧めします。