einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

口腔内内視鏡カメラ導入

口腔内内視鏡カメラ導入

嚥下障害とは?

嚥下障害

わたしたちはふだん何気なく簡単に食べたり飲んだりしています。
これは赤ちゃんのころからおっぱいを飲んで離乳食で練習して徐々に獲得したもので、体の多くのパーツが微妙なタイミングで複雑な動きをしている意外に難しい能力なのです。
ガンなどで飲み込むときに使う舌やのどそのものが障害されたり、脳梗塞やパーキンソン病、老化などでそれを動かす神経・筋肉などがうまく働かなくなったときに、水や食べ物を飲み込めなくなったり、肺のほうへ行ってしまう状態(誤嚥)になることを『嚥下障害』といいます。
嚥下障害になると栄養がとれなくなって栄養失調を起こしたり、肺炎などの病気にかかってしまいます。

嚥下障害が疑われる症状

  • むせて食べられない
  • 口から食べようとしてものどを通過しない(飲み込めない)
  • 食べると非常に疲れる (食事に時間がかかるようになった)
  • 飲み込むときに上を向かなければならない
  • 食後に呼吸が苦しくなる
  • 食べられずにやせてきた
  • 食べると声がガラガラになる
  • 食べたものがのどに逆流してくる
  • のどに食べ物が残ってしまう
  • 硬いものが食べにくくなった
  • 口から食べ物がこぼれるようになった
  • のどがゴロゴロ(たんがからんだ感じ)する
  • 原因不明の熱が頻繁に出る

嚥下障害の人に対して

嚥下障害の方は肺炎になるリスクが特に高いので、まずお口の中の清掃が必要です。
そして、飲み込みのリハビリが必要です。
お口から全く食べられずに胃瘻や点滴で栄養を摂っていた嚥下障害の方に、飲み込みのリハビリを行うことで、再びお口から食べられるようになる場合もあります。


嚥下内視鏡検査とは?

鼻から内視鏡をいれた状態で実際に食事をしていただき、飲み込みの機能を評価します。
それで患者様に適した食事の形態、食事中の姿勢、必要なリハビリをアドバイスし、実際に訓練を行います。
自宅や施設で10~30分で検査可能です。



関連ページ



診療科目一覧へ戻る

患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.