einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

治療の流れ

All-on-4は、4本のインプラントで
10本から12本を支える最先端の治療法です。

ステップ1

当クリニックにお問合せいただいた後、カウンセリングをお申込いただきます。


下矢印
ステップ2

日程を決めて当クリニックにてカウンセリングを実施させていただきます。 (この際に詳しいご説明を申し上げると共に、患者様からのあらゆる疑問にお答えいたします。)


下矢印
ステップ3

インプラント治療をお申込みいただいたら、当クリニックの担当歯科医師より、 患者様の骨の状態に合わせたご説明や実際の治療方法、治療期間などを詳しくインフォームド・コンセントさせていただきます。


下矢印
ステップ4

担当歯科医師の立てた治療計画に則って、実際のインプラント治療が始まります。


下矢印
ステップ5

患者様の骨の状態により多少異なる場合はありますが、基本的な治療の 流れとしては、以下のような手順で進んで行きます。


審査・診断 (治療計画を立てます)

レントゲン撮影や、実際にお口の中を診させていただき、治療計画を立てます。 また、インプラントが可能かどうかも診断いたします。

下矢印

CT撮影 (歯科用CTで口腔内を撮影します)

歯科用CTを使って、インプラントを埋入する部分を立体的に撮影します。

下矢印

1次手術 (インプラント体を埋入します)

顎の骨にインプラント体を埋入する手術を行います。

下矢印

2次手術 (インプラントの支台部を装着)

インプラント体と顎の骨が結合したことを確認し、 支台部を装着する手術を行います。

下矢印

型取り→装着 (上部構造物を装着します)

上部構造物を作成するための型取りを行い、実際に装着を行います。 型取りから装着まではおよそ1~2週間ほどです。

メンテナンス (3ヶ月ごとに定期検診を行います)

インプラントを埋入した部分が歯周病になっていないか、 他の歯に異常はないかなどを定期的に検査します。 インプラント治療の保証を受けるためにも、 必ず来ていただかなければなりません。

下矢印
ステップ6

インプラント装着の流れは、基本的には以下のような手順です。


1.歯を失った状態

事故や歯周病などで歯が無くなってしまった状態です。
歯を失った状態

2.インプラント体を埋入するための孔を形成します。

顎の骨にドリルで小さな穴を開けます。
インプラント体を埋入するための孔を形成

3.インプラント体の歯根部を骨の中に埋入し、 歯肉で覆(おお)う様にして縫合わせします。

2で開けた穴に、インプラント体を埋入します。


4.3~4ヶ月後に支台部(頭の部分)を取り付けします。

顎の骨とインプラント体が結合するのを待ってから、上部構造物(歯の部分)を装着するための土台を取り付けます。
3~4ヶ月後に支台部(頭の部分)を取り付け

5.支台部の型を採り、上部構造を作製します。

4で取り付けた支台部の型取りを行い、上部構造物の作成を行います。


6.上部構造を支台部に取り付け、完成です。

3~4ヶ月後に支台部(頭の部分)を取り付け

関連ページ



診療科目一覧へ戻る

患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.