einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

連載コンテンツ
私が友人の治療を友人に頼む理由。

こんにちは。
私も家族も、歯は完璧! 虫歯なんて1本もありません!
……と、宣言できれば良いのですが、残念ながら、そうではありません。

ただし、保険で治療した歯は1本もありません。
すべて保険外の自費治療。虫歯に銀色のかぶせを使ったこともありません。
根っこ(神経)の治療が必要となった時、自分のクリニックではなく信頼できる医師に任せることもあります。

「医者は儲かるから、高額な治療費を払えるんだろう」
「友人の治療は他院に任せてるなんて、腕に自信がないんじゃないのか?」

……と、思われた方もあるかもしれませんが、もちろん、そうではありません。

保険でカバーされているのは最低限の治療。(「最低の治療」じゃぁないですよ)
材料も技術も、良いものがたくさん開発されているのに、保険の枠内では使えません。
歯科医である私はモチロン、新しい材料や技術の良さを充分すぎるほど知っています。 となると、最善の治療をしたいと考えるのは当然の成り行き……というわけです。

根っこの治療に関しては、制度上、保健治療と保険外治療を混ぜて行うことができないので、全ての治療を保険外で行わないかぎり、 そこだけは他院に任せる以外に方法がないのです。

確かに、保険外治療は高くつきます。
でも、考えてみて下さい。
たとえば、保険治療で3万円かかるところ、保険外治療で10万円かかったとします(優れた素材、新しい技術を使っていますから、 やはり高くなります)。
鞄を買う時に3万円のと10万円のを比べて、「良いモノを長く大切に使おう」「良いモノを持つことで心が豊かになる」と考えて、 10万円の鞄を選ぶことって、ありますよね。
それと同じなんです。いえ、歯の場合、心だけじゃなくて健康にも関わってきます。

実際に患者さんのお財布から出て行くお金でみると、3万円と10万円の比較じゃぁなくなります。
保険治療なら3万円の3割負担で9千円。
保険外治療ならまるまる10万円。
9千円か10万円かの選択となると、10万円はあまりにも高い……とお感じになるのも、無理はないのかもしれません。
例えが悪いかも知れませんが、保険治療って、古いデザインの3万円の鞄を70%オフで買っている感じなんですよ。

根っこの治療に関しては「最低限の治療」がすべて保険でカバーされています。
それはもちろん、必要な医療をすべての患者さんに保証するためです。
でも反面、より良い治療法があるのに、選択肢として提示できないというジレンマに陥ってしまうのです。

医療保険制度は国民の健康を守る役目を果たす大事な制度ですが、そんなわけで、時々、恨めしく感じることがあります。

実際、保健医療と保険外医療で、何がどんな風に違うのか。
この後、いくつか例をあげてご紹介します。
「高い治療を受けて貰うための売り込みじゃないの?」なんて思わずに(いや、そう思っておられても構わないですから)、 まずは私の話を聞いて下さい。


患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.