einglish

中文

お問合せは 06-6781-4181

ラバーダムの使用について

当院では根幹治療の際、必ずラバーダムを使用して
治療しております。

根管治療とは

根管治療

神経を抜く治療を、根管治療と言います。
根管治療は、質の高い治療を受けないと、後々歯の中で細菌が増殖し、歯の根の先に膿が溜まって痛みが出てしまうことがあります。
根管治療は、歯の中に入ってしまった細菌を取り除き、「歯の根の先で膿ができない(炎症が起こらない)ようにすること」が目的です。


その為には、
1.治療中に歯の中に細菌を入れない
2.歯の中に入った細菌を取り除く
3.細菌を歯の中から取り除いた後、細菌が二度と入らないようにすることが必要となります。

歯の中に細菌を入れないために

滅菌済みハンドピース

歯の中に細菌が入らないように、隔離する装置をラバーダムと言います。 根管治療中はラバーダムをかけ、歯の周りを消毒して歯の中に細菌が入らないようにしてあげることが必須です。
口の唾液には細菌が含まれているので、虫歯の治療や歯の根の治療の根管治療(こんかんちりょう)の妨げとなります。

ラバーダム防湿を行うことで、口の中と歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態で治療をおこなうことができます。
海外ではラバーダムをかけることは当たり前の事なのですが、日本では全医院の5.4%のみしか使用していないという統計があります(※1)。 当院では質の高い治療を行うために、根管治療を行う際は必ずラバーダムを使用しています。


患者様のクチコミ 体験談

りょうき歯科はココが違う!! 当院の特徴

眠っている間に治療完了
ラバーダムの使用について 無料送迎サービス おひとりでの通院が困難な高齢者の方へ


東大阪の歯医者 りょうき歯科クリニック

東大阪、大東、八尾、門真、守口、四條畷、藤井寺、松原、布施、高井田、放出(鶴見区)、城東区(大阪市)、生駒など、関西はもちろん全国からホワイトニングや 短期集中特診コースの治療で当歯科医院に患者様が口コミでいらっしゃっております。

【全ての科目に対応】


セパレータ

☎06-6781-4181 年間364日土日祝も診療月~土は22時まで
大阪府東大阪市森河内西1-16-3
●月~土/9:30~22:00●日・祝/9:30~18:30(診療受付は30分前、ただし夜間診療は40分前)
Copyright© 2005- RyoukiDentalclinic All Rights Reserved.