load

厚生労働省指定臨床研修医療機関 医療法人 誠仁会 りょうき歯科クリニック

小児歯科 CHILD

歯は一生の宝物、乳歯から永久歯へ、
お子さんたちの健やかな成長を全力支援。

歯がまったくない赤ちゃんから、乳歯が映える乳幼児期、永久歯へと入れ替わっていく学童、思春期と、お子さんの口腔内は成長にあわせて
ドラマチックに変化します。
健やかに成長していってもらいたいと、力を入れてサポートしています。
またお子さんと共に保護者の方のサポートにも力を入れています。どんなことでもご相談下さい。

乳歯は抜け替わる歯だからといって、粗末にしてはいけません

「お子さんの歯は抜けて生え替わるから、虫歯でも良いわ」なんて思っていませんか?
乳歯は丈夫な永久歯が生える準備をする、大切な歯です。
乳歯は顎(あご)の成長や歯並び、正常な発音に大きく関わります。

歯ブラシを使い始める時期は?

歯ブラシを使い始める時期は?

乳歯は生後6カ月くらいから前歯が生え始めます。生えたばかりの歯は比較的軟らかく、虫歯になりやすいです。
そのため、自分で磨けるようになるまで、親御さんが磨いてあげましょう。

大人への第一歩!6歳臼歯

6歳の臼歯についての知識

6歳頃、一番最初に生えてくる大人の歯(永久歯)を「6歳臼歯」と言います。
生えたての6歳臼歯は、乳歯より背が低く、磨きにくいため、虫歯になりやすいです。
虫歯にならないためにも毎日の正しい歯磨きと定期検診が必要です。
また、この歯は永久歯が正しく生えるためのガイドとなります。
虫歯予防と歯並びのためにも歯科を受診しましょう。

仕上げ磨きはいつまで必要?

仕上げ磨きはいつまで必要?

手指感覚の発達の関係で、9歳頃からある程度自分で磨けるようになります。
しかし、お口の中は乳歯と永久歯が交換の頃で磨きにくい時です。
永久歯が生えそろう12歳頃までは、出来れば親御さんの点検または仕上げ磨きを行ってあげて下さい。

お子さんの健康なお口作りのために

  • 正しい歯磨きを身につけましょう。
  • 三度の食事をしっかり食べて、おやつは1日1回にしましょう。
  • 定期検診を受診しましょう。

自分の歯でよく噛んで楽しく食事ができ、大きな口をあけて心の底から笑う事ができる。
そのような健康なお口がお子さんにとって最高のプレゼントです。

笑気麻酔を導入しています。

笑気麻酔を導入しています

当院では、お子さんの不安を和らげる事ができるよう、笑気麻酔を導入しています。
鼻につけたマスクから笑気を吸う事で、リラックスして治療を受ける事ができます。

保護者の方も安心。見守りカメラ付き託児サービス

保護者の方も安心。見守りカメラ付き託児サービス

当院ではお忙しい子育て世代の保護者の方にも歯科クリニックでの治療やケアを、積極的に受けて頂きたいとの思いから、「見守りカメラ付き託児サービス」を実施しています。
保護者の方がチェアでの治療を受けられている間、キッズルームでのお子さんのご様子をモニターで確認することが可能です。
また保育士が託児を担当できる曜日、時間帯もございますので、お気軽にスタッフにお尋ね下さい。